簡単!スマホで健康管理 おすすめ スマート体重計の魅力と選び方

簡単!スマホで健康管理 おすすめ スマート体重計の魅力と選び方
*本ページはプロモーションが含まれています。

現代のライフスタイルが大きく変化し、在宅ワークやリモートでのミーティングが主流となった今、多くの人々が運動不足や不規則な食事に悩まされています。

この新しい生活様式の中で、健康を維持し、理想的な体型を手に入れることは課題となっています。

ダイエットしたい、スリムになりたいという願望で、ジョギングしたり、トレーニングを始めようと思っている方も多いのではないでしょうか。

ダイエットやトレーニングの目標プランを作成するにも、先ずは自身の体重など身体の状態を知ることが大切です。

自分のからだがいつどのように変化しているのかといった傾向がわかれば、対策もとりやすくなります。
そのために必要なのは毎日測り続けること。

・体重を測る習慣がない
・体重は計っているが記録していない
・記録するのが面倒

このような悩みを解決するには

スマートフォンと連動して簡単に健康管理のできるスマート体重計がおすすめです。

この記事では、スマホ連動のスマート体重計を活用して、健康的なダイエットと理想的な体型の実現に向けての手助けを提供します。

この革新的なツールを活用すれば、自宅で健康を管理し、自信を取り戻す一歩が踏み出せるでしょう。

スマート体重計の特徴やメリット・デメリット、スマート体重計の選び方について詳しく解説します。

ダイエットや健康管理に役立つ体重計・体組成計の購入を検討している方は、是非参考にしてください。

目次

スマート体重計がおすすめの理由

結論は、スマート体重計は乗るだけで日々の測定データを記録することが出来るので、ノートやエクセルファイルに入力する手間も無く、管理しやすい、継続しやすいという理由からです。

ダイエットもトレーニングの目標を達成するには、日々の進捗を確認することが重要です。
その基本となる「毎日測定すること」、をスマート体重計はサポートしてくれる必要不可欠なツールとなります。

スマート体重計の特徴

体重計は、単に体重を測定するだけですが、体組成計は体重だけでなく、体脂肪率、筋肉量、骨密度、水分量など、身体の多くの構成要素を測定します。

体組組成計の測定原理は、測定時に両足の間に微弱な電流を流して、体の電気抵抗を測定する方法を利用しています。

人間の体を構成する組織のうち、電気を通しやすいのは水分の多い組織(例えば筋肉や血管など)で、脂肪組織は電気をほとんど通しません。
この特性を利用して、脂肪とそれ以外の組織の割合を推定しています。

例えば、オムロン カラダスキャンの場合、両足間の電気抵抗から体組成データを得るために、次の5項目の情報から独自に作り上げた推定式を用いています。
1.電気抵抗値
2.身長
3.体重
4.年齢
5.性別

オムロン以外のメーカーでも基本的な測定原理は共通です。

体組成計の中でも、特におすすめしたいのはスマートフォンと連動して計測データを管理できるスマート体重計です。

スマート体重計は、身体の構成要素を詳細に測定し、データを専用アプリへ連携、保存します。

毎回、データを自身で記録する手間なども無く、日々のデータ推移を確認することが可能になります。

この情報は単なる数字以上の意味を持ちます。

なぜなら、体組成データは健康状態を客観的に評価し、ダイエットやフィットネスプランを立てる上での重要な指標となるからです。

従来の体重計と比べて、体組成計はより包括的で健康に関する情報を提供し、ユーザーにとってより具体的で効果的なアプローチを可能にします。

スマート体重計のメリット・デメリット

メリット
  • のるだけで簡単計測、記録&家族みんなで利用可能
    大切なのは、毎日、計測を継続することです。
    体重計にのるだけで、計測データをスマホに転送、簡単で記録も手間なし漏れなし。
    家族の誰が計測したのか、自動識別してデータを保存できるモデルもあります。
  • リアルタイムデータアクセス
    測定データをリアルタイムでアプリに同期でき、データの変化を迅速に確認できます。
    計測データをグラフで可視化できるので、時系列の変化が把握できるのもメリットです。
  • お気に入りのアプリでもデータを管理できる
    AppleヘルスケアやGoogleFitなど他の健康管理アプリや、ヘルスケア関連アプリともデータを連携できるので、今まで使っているアプリで引き続きデータの管理が可能。
  • 目標設定と追跡
    アプリで目標を設定し、進捗を追跡できるため、ダイエットやフィットネス計画の成功に向けた目標達成が容易になります。
デメリット
  • 計測データの正確性 
    一部の体組成計は、特に身体の変化が極端な場合に正確性に欠けることがあります。例えば、入浴後の計測時など、水分量の変動がある場合、正確な測定が難しいことがあります。
    正しく計測するためには、毎朝の食前に計測することをおすすめします。
  • データの依存
    データに過度に依存し、ストレスや過度な焦りを感じることがあります。健康データを適切に解釈することが重要です。
  • プライバシー懸念
    アプリと体組成計が個人の健康情報を収集するため、データのプライバシーに関する懸念が生じることがあります。プライバシー保護に対する十分な配慮が必要です。

総合的に考えると、スマホ連動の体組成計は健康管理に役立つ便益が多い一方、適切な選択と健康データの適切な管理が求められます。

Bluetooth とWi-Fi 接続方法はどっちが良い?

スマート体重計のアプリ連携では、Bluetooth接続、Wi-Fi接続の2タイプがあります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

Bluetooth接続のメリット・デメリット

メリットデメリット
ペアリングで簡単設定

省電力で体重計のバッテリー寿命を延ばす
近距離通信で体重計とスマホ通信で干渉が少ない
距離制限 体重計と距離が離れると途切れる

複数デバイスと接続不可

Wi-Fi接続のメリット・デメリット

メリットデメリット
広範なカバレッジ
 距離が離れても通信可能
複数デバイスとの接続
電力消費で体重計のバッテリー寿命に負荷

Wi-Fi設定がやや面倒

選択肢を検討する際に、BluetoothとWi-Fi接続のそれぞれの特性とデバイスの用途に合わせて、最適な接続方式を選択することが重要です。

スマート体重計 選び方のポイント

ポイント
  • 必要な測定機能の確認
    体脂肪率、筋肉量、骨密度、水分量など、自身に必要な計測機能が含まれているか確認しましょう。
    利用できる人数は、何人までか、利用制限数も確認しておきましょう。
  • 接続タイプ
    自身の使い方は、Bluetooth、Wi-Fiのどちらのタイプが良いのか、接続方式を選択しましょう。
    体重計を測る際は、スマホが近くにあるのであればBluetooth、通信距離など気にせず、スムーズに継続をしたい方は、Wi-Fi接続がおすすめです。
  • 予算
    予算を決め、その範囲内で選択肢を絞りましょう。高価なモデルには高度な機能がありますが、予算内で充分な性能を提供する体重計もあります。
  • アプリとの連携と機能
    選んだ体重計が、あなたのスマートフォンのオペレーティングシステムと互換性があるか、
    専用アプリが提供する機能を調べて、あなたの健康目標に合ったものかどうか確認しましょう。
    アプリの使い勝手が重要です。直感的で使いやすいアプリは、長期間にわたって利用する際に役立ちます。
  • データの同期
    体重計とアプリのデータ同期が容易であるかどうかを確認しましょう。自動的な同期やクラウドベースのデータ保存があれば便利です。
  • 拡張性
    「オムロンコネクト」であれば、体組成計、血圧計、体温計、婦人体温計、パルスオキシメータ、心電計と接続可能。OMRON connectには日々の測定と記録を簡単に、からだの傾向をひと目で確認できる機能が備わっています。
  • デザインと耐久性
    体重計の外観デザインやカラー、製品サイズ、また耐久性があるかを考慮しましょう。
    電源方式は、乾電池、充電式か、確認しておきましょう。
  • メンテナンスとサポート
    メーカーの保証やアフターサポートが提供されるかどうかを確認し、長期間使用できるかどうかを検討しましょう。利用ユーザーのレビューコメントなども参考にしてください。

これらのポイントを考慮して、あなたのライフスタイルや予算に合ったスマート体重計を選びましょう。正しい選択をすることで、健康的な生活への第一歩がより簡単になります。

おすすめ 人気スマート体重計

体重計・体組成計のメーカーでは、OMRONやタニタの人気国産メーカーの製品が有名ですよね。
Amazon体組成計ランキングでは、中華系メーカーの製品も多くランクインしています。
ここでは、1万円以下で購入可能な人気の高いスマート体重計をピックアップしましたので、参考にしてください。

オムロン 体重体組成計 HBF-255T-BK(Bluetooth接続)

オムロンヘルスケア株式会社は、京都を拠点とする家庭用及び医療用健康機器の開発をしているメーカーです。
1973年に血圧計を発売して50年、会社も創立20周年を迎えました。
血圧計・体重体組成計・電動歯ブラシといった家庭用及び医療用健康機器、健康管理ソフトウェアの開発・販売などを行っています。

おすすめポイント
  • 安心の国内メーカー
  • オムロンコネクト対応で血圧計等の連携が可能、トータル的に健康管理が可能
  • 50g単位で計測可能。
  • 体重引き算機能赤ちゃんやペットの体重管理もできる
  • 4秒高速測定
オムロン(OMRON)
¥14,000 (2024/05/16 02:08時点 | Amazon調べ)
製品名オムロン 体重体組成計乗るだけ測定
型番HBF-255T-BK登録人数4人
測定項目9項目①体重 50g単位②体脂肪率③骨格筋率④BMI⑤基礎代謝⑥体年齢⑦内臓脂肪レベル⑧子どもアルゴリズム⑨体重引き算機能電源単4型乾電池×4本
アプリ連携Bluetooth サイズサイズ:幅 約327× 奥行き 約249× 厚さ 約30 mm
自動認識重量約1.7 kg(電池含む)

タニタ 体重 体組成計 BC-768 WH(Bluetooth接続)

タニタは、東京で創業した体脂肪計・体組成計をはじめとする「健康をはかる」計測機器のリーディングカンパニーです。
日本で初めて家庭用体重計を製造・販売し、1992年に世界で初めて体脂肪計や体組成計を製造・販売しました。
社内食堂が発祥で健康的な食事を提供する「タニタ食堂」のレシピ本でも話題になりました。

おすすめのポイント
  • ヘルスメーター販売金額メーカー別シェアNO.1
  • 2.7cmの薄型で収納がらくらく
  • 「乗るピタプラス」機能搭載で自動認識
  • 表情の変化で楽しく継続測定できる「マイサポ」機能搭載
  • 大きな文字で見やすい測定値
製品名タニタ 体重 体組成計乗るだけ測定
型番BC-768 WH登録人数5人+ゲストモード
測定項目8項目・体重(100g単位、BMI、体脂肪率、筋肉量、推定骨量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢電源DC6V 単4乾電池×4本
アプリ連携Bluetooth サイズ約幅316×奥行217×高さ27mm
自動認識重量1.5kg

オムロンとタニタの人気モデルを比較したレビュー記事があります。
興味のある方は、こちらも是非、参考にしてください。

エレコム 体組成計 体重計 EFSW02WH(Wi-Fi 接続)

エレコム株式会社は、1986年に大阪で創業したネットワーク機器やデバイスなどのコンピューター周辺機器メーカーです。
現在、ボディメイク、ボディケア製品やゴルフフィットネスなどヘルスケア関連製品にも幅広く取り扱っています。

乗るだけで測定データを専用アプリ「ECLEAR plus」に自動転送する、Wi-Fi通信機能搭載エクリア 体組成計です。
筑波大学との産学連携により、体積推定方式を採用した内蔵脂肪レベルや体脂肪率、骨格筋率などをより正確に測定可能となりました。

おすすめポイント
  • 産学連携プロジェクト ― 筑波大学 田中 名誉教授と共同研究
  • Wi-Fi通信機能搭載
  • 体積推定方式を採用で、より正確な計測
  • 週・月毎の平均値も確認可能
  • 2.4cm収納しやすい軽量コンパクトサイズ
製品名エレコム 体組成計 体重計乗るだけ測定
型番EFSW02WH登録人数5人
測定項目7項目・体重・内臓脂肪レベル・体脂肪率・BMI・骨格筋率・骨量・基礎代謝電源単4形アルカリ乾電池(LR03)]×3本
アプリ連携Wi-Fi 2.4GHz / IEEE802.11b/g/n規格対応サイズ幅約200mm×奥行約270mm×高さ約24mm
自動認識重量1.4㎏

INFIELD 体組成計 ‎IFS-A(Bluetooth接続)

INFIELD 体組成計は、パーソナルトレーナー全面監修のもと、日本人のために開発されたAIと 体重計 を掛け合わせた ボディスケールです。

おすすめポイント
  • 日本人のために作成した専用アプリ
  • 高精度センサー、BIA技術で正確なデータ計測
  • AIが最適数値をアドバイス、アプリが専用トレーナーとしてダイエットをサポート
  • アプリ登録 人数制限なし
  • プロスポーツチームも導入
製品名INFIELD 体組成計乗るだけ測定
型番‎IFS-A登録人数制限なし
測定項目13種類の健康項目(体重、BMI、体脂肪率、除脂肪体重、皮下脂肪、内臓脂肪、体水分率、骨格筋、筋肉量、ミネラル、タンパク質、基礎代謝、体内年齢淵源単4アルカリ乾電池×3本
アプリ連携Bluetooth サイズ‎26 x 26 x 3 cm
自動認識重量1.5kg

Anker Eufy (ユーフィ) Smart Scale P2 Pro(Wi-Fi・Bluetooth接続)

Ankerは、米国・日本・欧州を中心とした世界100ヶ国以上でモバイルバッテリーやスマートデバイスの周辺機器を展開する人気の中国メーカーです。
Anker Eufyブランドは、ロボット掃除機、セキュリティカメラ、ペット用品、体重体組成計などスマートホーム関連商品で快適なスマートライフを提供しています。

おすすめポイント
  • Wi-Fi / Bluetooth接続に対応
  • Wi-Fi対応でアプリ起動も不要
  • 最小50g単位での測定が可能
  • 3Dモデル機能で見た目の変化を視覚的に確認
  • IPX5防水規格
製品名Anker Eufy (ユーフィ) Smart Scale P2 Pro乗るだけ測定
型番Smart Scale P2 Pro登録人数制限なし
測定項目16項目・体重(50g単位)、体脂肪率、BMI、心拍数、筋肉量、基礎代謝量、水分量、体脂肪量、骨量、内臓脂肪、タンパク質、骨格筋量、皮下脂肪、体内年齢、ボディタイプ電源単4形アルカリ乾電池x4
アプリ連携Wi-Fi / Bluetoothサイズ28 x 28 x 2.6 cm
自動認識重量1.2㎏

HUAWEI Scale 3 Bluetooth Edition(Bluetooth接続)

HUAWEI ファーウェイは1987年に中国・深センに設立され、情報通信技術インフラとスマートデバイスを提供する世界的なリーディングカンパニーです。

おすすめポイント
  • 1台で10人まで登録可能
  • アルゴリズムHUAWEI TruFitで正確測定
  • ゲストモード
  • 収納しやすい2.55cmの薄型軽量コンパクト
  • 滑り止めパッド付転倒防止デザイン
製品名HUAWEI Scale 3 Bluetooth Edition乗るだけ測定
型番登録人数10人
測定項目12種類(体重100g単位、/BMI/体脂肪率/除脂肪体重/骨格筋量/体内水分率/タンパク質/骨塩量/内臓脂肪/基礎代謝量/身体年齢/体格)電源DC 4.5 Vバッテリー(3 × 1.5 V AAAバッテリー)
アプリ連携Bluetooth サイズ28 x 28 x 25.5cm
自動認識重量1.3㎏

Xiaomi Mi スマート体組成計2(Bluetooth接続)

Xiaomi は、中国の北京市に本社を置く家電やスマホ、IoT プラットフォームを提供する世界的なメーカーです。
日本には2019年にスマホ市場に進出しています。

おすすめポイント
  • G型マンガン鋼センサー
  • Bluetooth 低エネルギー 5.0搭載 電池4本で最大12ヶ月間使用可能
  • 2つの測定モード ダイナミック・モードとスタティック・モード
  • 最大16人のデータ記録
  • ゲストモード
製品名Xiaomi Mi スマート体組成計2乗るだけ測定
型番Mi 体組成計2登録人数16人
測定項目13項目・体重(100g)、BMI、体脂肪率、筋肉量、湿度、水分率、タンパク質レベル、骨量、内臓脂肪、基礎代謝、身体年齢、理想体重、体型、健康スコア電源1.5V 単4電池 四個
アプリ連携Bluetooth サイズ300 x 300 x 25 mm
自動認識重量1.7㎏

HIFUMI 体重計・体組成計(Wi-Fi・Bluetooth接続)

HIFUMI(ヒフミ)は、大阪を拠点として2020年に誕生した生活関連製品の国内ブランドです。
体重体組成計、スマートフォン アクセサリー等を販売しています。

おすすめポイント
  • Wi-Fi接続でクラウドに自動保存
  • 乗るだけで電源ON、測定者を自動判別
  • クラウドにデータが保存されるとスマホに通知
  • アスリートモード機能 / ベビーユーザー機能(赤ちゃんを抱いて計測)
  • 最先端バイオインピーダンス分析
製品名HIFUMI 体重計・体組成計乗るだけ測定
型番CS20M登録人数8人
測定項目15項目・体重(100g単位)、BMI、体脂肪率、体型、除脂肪体重、皮下脂肪(率)、内臓脂肪(指数)、体水分率、骨格筋(率)、筋肉量、筋力レベル、骨量、タンパク質(率)、基礎代謝量、体内年齢電源単4アルカリ乾電池×3本
アプリ連携Wi-Fi 2.4GHz / Bluetooth 4.0サイズ約280 x 280 x 25mm
自動認識重量1.2㎏

スマート体重計 使い方のポイント

毎日継続して測定することが大事です。より、正確なデータ進捗を把握することができます。
毎日、適切な場所、決まった時間に定期的に測定することでより正しく体組成の変化を知ることができます。

定期的な測定時間とデータ記録

体重計は定期的な測定が大切です。毎日、同じ時間に測定することで、正確なデータを収集できます。

測定場所:固く平らな床面
測定時間:起床後、又は食後2時間以上経過後

生活パターンの違いにより、体重やからだの電気抵抗が変動するため、測定値には個人ごとに違った変動があります。さらに、測定値は体内水分の変化や体温に大きく影響されるので、できるだけ同じ時間帯、同じ状態で測定し、細かい変化にとらわれず、長期的な変化傾向を見ることをおすすめします。

たとえば、通常は朝起きてからトイレに行った後に測定するなど、一貫性を保ちましょう。

必要項目だけをチェック

体組成計の中には、15~16項目もの多くのデータを計測できるモデルもあります。

自身のダイエットやトレーニング目標に必要な項目だけを日々チェックするようにしましょう。
アプリを活用して、データの保存、分析、目標設定、進捗追跡を行いましょう。アプリが提供するアドバイスやチャートを活用して、健康目標を達成しましょう。

測定を避けた方が良いケース

次のような場合は、体内の水分変化が大きいため測定に適していません。

  • 過度の飲食、極度の脱水症状のとき
  • サウナや半身浴(長湯)、激しいい運動をした後
  • 体調の悪い場合、(二日酔い、下痢、発熱時など)

まとめ

この記事を通じて、スマート体重計の特徴とメリット・デメリットについて詳しくご紹介しました。

在宅ワークやリモートミーティングの増加に伴い、運動不足や不規則な食事が日常的になりつつある現代社会において、スマート体重計は重要な役割を果たしています。

健康への意識とデジタルテクノロジーの統合により、個々の健康状態を理解し、健康的なライフスタイルを追求することが容易になります。

繰り返しとなりますが、先ずは自身の体重など身体の状態を知ることが大切です。

自分のからだがいつどのように変化しているのかといった傾向がわかれば、対策もとりやすくなります。

そのために必要なのは毎日測り続けること。

この日々の行動をサポートしてくれるスマート体重計をフル活用して、健康的な生活への一歩を踏み出しましょう。

以上、「簡単!スマホで健康管理 おすすめ スマート体重計の魅力と選び方」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次