\ ポイント最大9倍! /

たまにしか使わない人におすすめ 厳選!コスパ最強プリンター

たまにしか使わない人におすすめ 厳選!コスパ最強プリンター
*本ページはプロモーションが含まれています。

最近では、年賀状を出す人も年々減少し「年賀状をやめる」宣言も多く見かけるようになりました。
デジタル技術の急速な進歩により、LINEなどSNSを活用してあいさつのメッセージのやり取りをする人が急増しています。

また、企業では「持続可能な開発目標(SDGs)」の広がりにより、環境保護の取り組みとして、紙を減らすペーパーレス化が進んでいます。

このような要因によって、提出する書類なども紙から画像へとデジタル化が進み、紙に印刷するというプリンター需要が減少しています。

一方、IT導入コストなどの理由で、未だにぺーパレス化が進まず、紙での本人確認書類の提出が求められるケースも少なくありません。

プリンターの必要性を感じる時
  • 本人確認書類
  • 確定申告書類
  • 学校の提出物

まだ、上記のようなシーンでは、プリンターの必要性を感じる時もあるのは事実です。

やっぱり、家に1台ホームプリンターがあると何かと便利ですよね。

でも、年に数回しか使用しない、たまにしかプリントしない人も多いのではないでしょうか。

プリントが必要な時に、その都度コンビニに行ってプリントするのも面倒です。

・たまにしか使用しない
・コンビニでプリントするのは面倒
・あまりお金を掛けたくない

このように思っている人へおすすめしたいのは、格安プリンターです。

機能も充実していて、1万円以下で購入できるプリンターも多く販売されています。

この記事では、「プリント、コピー、スキャナが出来る」コスパ最強の格安プリンターの選び方とおすすめのプリンターについて解説します。

たまにしか使用しないので、あまりお金を掛けたくない、格安プリンターの購入を検討している方は、是非、参考にしてください。

目次

プリンターの種類

結論として、この記事でおすすめするプリンターは、インクジェットプリンターです。

ここからは、その理由を解説します。

まず初めにプリンターの印刷方式の種類や特徴について基本的な事を確認しておきましょう。

プリンターには、プリント方式の違いでインクジェットプリンターとレーザープリンターの2タイプがあります。

インクジェットプリンターの特徴

家庭での利用が多い、インクジェットプリンター。
インクを用紙に吹き付けることで印刷します。

文字の印刷はもちろん、発色性の高い染料インクを使用して印刷できるので、色味の再現性が高く写真印刷にも向いてます。

インクジェットプリンターのメリット・デメリットを下記にまとめました。

メリットデメリット
文字印刷や写真カラー印刷向き
フチなし印刷ができる
プリンターのサイズも軽量コンパクト
紙によっては色がにじむ場合がある
インク容量が小さい
インク交換頻度が高く、コストがかかる

レーザープリンターの特徴

レーザープリンターは、印刷スピードが速く、大量印刷が出来るため、多くの企業でビジネス利用されているプリンターです。

レーザープリンターの印刷方式は、電子写真技術を利用したレーザー光線をトナーに照射、静電気で紙に印刷する方式となっています。

レーザープリンターのメリット・デメリットを下記にまとめました。

メリットデメリット
モノクロの文書印刷は得意

大量印刷が可能でスピードも速い

速乾性があり滲みが無い
サイズが大きく、設置スペースが必要

フチなし印刷ができない

色の再現性の面で写真印刷に弱い

上記でインクジェット・レーザープリンターを比較解説しましたが、本体のサイズ感、印刷枚数、印刷頻度から、たまにしか使用しない方であればインクジェットプリンターで十分と言えます。

たまにしか使わない人向け 格安プリンターの選び方

ここから格安プリンターの選び方について解説していきます。

プリンター選びで重要なのは、自身の使用目的や使用頻度で選ぶことです。

この記事では、以下のような人を対象にしています。

こんな人向け!
  • プリンターを年に数回しか使用しない
  • 文書のプリントがメイン
  • たまに写真も印刷する
  • プリンターにお金を掛けたくない

たまにしか使わない人向けの最適なインクジェットプリンター選びは、自身の使い方を考えながら、下記のポイントをチェックしてください。

選ぶ際のチェックポイント
  • プリント、コピー、スキャナ機能は必須
  • スマホ連携して使用できるか
  • インクタイプは、独立型か一体型か
  • ランニングコストはどのくらいかかるのか

特に、購入後のランニングコストに影響するインクタイプの種類を確認しておくことも重要です。

インクタイプの確認は重要
  • 独立型 色カートリッジ毎に独立、無くなった色のカートリッジだけ交換可能
  • 一体型 どれか一色が無くなった場合、カートリッジ全部交換が必要

独立型のインクの方が、コスト的にメリットがありますね。

本体価格が安くても交換用インクが高くつくことがありますので、「交換用インクのコスト」や「互換インク」が使用できるかについても購入前に必ず確認しましょう。

年に数回しか利用することがないプリンターに、あまりコストを掛けたくないですよね。

出来る限り、コストを抑えて自身に合ったプリンターを選ぶことをおすすめします。

おすすめコスパ最強プリンターはこれ

探してみると、1万円以下でも最低限必要な機能のある「コスパの良いプリンター」は結構あるんです。

上記の選び方のポイントをチェックして、「1万円以下で購入できる おすすめのコスパ最強プリンター」をピックアップしてみました。

キヤノン Canon プリンター A4インクジェット複合機 PIXUS TS3530


画像引用:Canon

発売年:2022年

こんな人におすすめ!
  • ハイブリッドインクを使いたい
  • 液晶パネルが必要
  • ブラックカラーが欲しい(ホワイトからーもあります)

4色ハイブリッドインクを搭載した、A4対応のインクジェットプリンターです。

ハイブリッドインクとは、写真に強い染料インクと文書印刷に強い顔料インクの両方を搭載し、用途に応じて使い分けられるインクです。

無料アプリ「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」を使えば、スマホの写真はもちろん文書も直接プリントできます。
また、スキャンした画像をスマホに保存したり、クラウドのデータをプリントすることも可能です。

本体に触れなくても自動で電源オン、プリントまでできる「Wi-Fi 自動電源オン」搭載、離れた場所からでもラクラク操作可能です。

Amazon AlexaやGoogle Assistantなどのスマートスピーカー対応で、印刷の指示やインク残量の確認が、音声操作でおこなえます。

タイプインクジェット複合機互換インク
機能プリンター、コピー、スキャンフチなし印刷
インクタイプ
(一体型or独立型)
独立型インクカートリッジ(標準・大容量対応)自動両面印刷×
インク数4色ハイブリッド(顔料1色、染料3色)液晶パネル×
ランニングコスト
(A4普通紙)
約18.5円(大容量)/約25,7円(標準容量)接続技術Wi-Fi、USB
給紙方式背面WI-Fiダイレクト接続
純正インク
(ブラック)参考価格
標準2,000円程度、大容量3,000円程度スマホ連携
Canon PRINT Inkjet/SELPHY

PIXUS TS3530 ユーザーの口コミ

良い口コミ

  • かなり簡単な設定方法で、印刷の質もいいです
  • 写真プリント、綺麗にできた良かったです
  • コスパが優れている、印刷速度も速くwifi接続で機器周辺もスッキリ
  • コンビニ行かずに家で印刷でき家で仕事も出来助かりました
Amazon

悪い口コミ

  • A4の印刷紙を印刷するときに嚙みこみやすい
  • もう少しインク代が安ければ助かります
  • 接続には本当に苦労しました
Amazon

ホワイトモデルならこちら!

Canon TS3530 純正インクはこちら

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

エプソン プリンター インクジェット複合機 カラリオ EW-056A


画像引用:EPSON

発売年:2024年

こんな人におすすめ
  • 1年間にA4コピー用紙(500枚)を1冊程度しかプリントしない
  • 最低限の機能があれば良い
  • ランニングコストを抑えたい

2024年2月発売された新モデルで、大ヒットしたEW-052Aの後継機です。

Wi-Fi接続でコードレス、本体もコンパクトなのでスッキリ設置できます。

本体に液晶パネルはありませんが、専用の無料アプリ「Epson Smart Panel」をインストールすれば、スマホでコントロールできます。

Bluetooth LEを利用して「Wi-Fi Direct」にも対応しているので、無線LANルーターのない環境でもワイヤレスプリントが可能。
無線LAんあので置き場所を選びません。
スマホやタブレットに保存してある写真をダイレクトに出力できます。

また、便利な機能として、一定時間を経過したら電源を切る「自動電源オフ設定」ができるので、節電対策も万全です。

タイプインクジェット複合機互換インク
機能プリンター、コピー、スキャンフチなし印刷
インクタイプ
(一体型or独立型)
独立型インクカートリッジ自動両面印刷×
インク数4色(顔料1色、染料3色)液晶パネル×
ランニングコスト
(A4普通紙)
15.2円/枚(カラー)接続技術Wi-Fi、USB
給紙方式背面WI-Fiダイレクト接続
純正インク
(ブラック)参考価格
1,700円程度スマホ連携
Epson Smart Panel
\ポイント最大9倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

カラリオ EW-056A純正インクはこちら

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

2019年発売 旧モデルはこちら
在庫があればお得です。

カラリオ EW-056A ユーザーの口コミ

良い口コミ

  • 簡単だし、安いのでコスパ良い機種です
  • 設定も楽で、Wi-Fi接続も簡単で容易にプリントできるのはありがたかった
  • アプリを通してiPhoneのデータも印刷できるし、スキャンもできて便利でした
  • コンパクトで場所を取らない
  • 初めてのセットアップ作業でも、比較的簡単に設定出来ます
Amazon

悪い口コミ

  • 大量に印字すると黒インクの消耗が激しいように感じる
  • インク代は高くつくため、大量印刷される方には向かないかも
  • 電源を落とした後のキュルキュル音が気になる
Amazon

エプソン カラリオ EW-052Aの使用レビュー記事があります。
詳細をもっと知りたい方は、こちらも是非参考にしてください。

HP プリンター A4インクジェット複合機 ENVY 6020


画像引用:日本HP

発売年:2020年

こんな人におすすめ
  • 前面給紙タイプが良い
  • 自動両面印刷したい

ホワイトカラーのスリムなスタイルは、部屋のインテリアによく馴染むシンプルデザインです。

エプソン、キャノン製品の背面給紙と異なり、フロントに給排紙トレイを配置しているため、用紙の取り出しや補充作業がスムーズにおこなえます。

また、自動両面印刷できるので、紙を節約できるのもポイントです。

「Wi-Fi Direct」に対応しており最大5台のデバイスを同時に接続できるので、家族が印刷中でもプリント指示を待つ必要はありません。

タイプインクジェット複合機互換インク
機能プリンター、コピー、スキャンフチなし印刷
インクタイプ
(一体型or独立型)
一体型インクカートリッジ自動両面印刷
インク数4色(黒・カラー3色一体型)液晶パネル×
ランニングコスト
(A4普通紙)
カラー24.4円/枚 モノクロ:約11.1円/枚接続技術Wi-Fi、USB
給紙方式前面WI-Fiダイレクト接続
純正インク
(ブラック)参考価格
ブラック、カラー2,500円程度スマホ連携
HP Smart

ENVY 6020 純正インクはこちら

ENVY 6020 ユーザーの口コミ

良い口コミ

  • 両面印刷可能なコンパクト複合機としてはほぼ最高のコスパ!
  • 値段、使い勝手満足しました
  • モバイルからも操作できてとても良かったです
  • HPのブランドでこの価格はちょっと信じられません
  • セットアップも簡単だし印刷も綺麗で満足してます
  • 家庭で使用頻度が少なくコピーが多いのですが音もさほど気になりません
Amazon

悪い口コミ

  • コピーが連続9まいしか出来ません
  • 専用のパソコンソフトやスマホアプリをインストールしないと、印刷、スキャン、コピーが出来ませんでした
  • 簡単使いやすいです〜多機能求めるには力不足でしょうね
Amazon

3モデル比較表

3モデルの比較表を作成しましたので参考にしてください。

メーカーエプソンキヤノンhp
機種名EW-056APIXUS TS3530HP ENVY 6020
プリント方式インクジェット方式インクジェット方式インクジェット方式
最高解像度5,760×1,440dpi4800×1200dpi最高 4,800×1,200dpi
インク4色(顔料1色、染料3色)、独立型インク4色ハイブリッド(顔料1色、染料3色) 標準・大容量タンクに対応4色(黒・カラー3色一体型)
フチなし印刷
自動両面印刷××
液晶パネル×〇1.5型モノクロ液晶
無線LAN接続
WI-Fiダイレクト接続
スマホ連携〇アプリ「Epson Smart Panel」〇「Canon PRINT Inkjet/SELPHY」〇「HP Smart」
自動電源オン機能×〇Wi-Fi & 自動電源オン×
自動電源オフ機能〇時間経過で自動電源オフ設定が可能××
AIスピーカー対応〇Amazon Alexa 対応端末、Google アシスタント 対応端末〇Amazon Alexa 対応端末、Google アシスタント 対応端末×
給紙容量リア(背面)トレイA4:最大50枚(75g/m²)、ハガキ:最大20枚A4:最大60枚、ハガキ:最大20枚
A4: 普通紙 80 枚、はがき 40 枚、封筒 5 枚、L判 40 枚
用紙単票紙 サイズ L判、2L判、KG、ハイビジョン、六切、A6縦~A4縦、リーガル、レター、洋形封筒1号~4号、長形封筒3号/4号、郵便ハガキ、郵便ハガキ(インクジェット紙)、郵便往復ハガキ、純正ハガキA4、A5、B5、レター、リーガル、はがき、スクエア(127mm×127mm)、
2L判、L判、KG、郵便はがき、インクジェット郵便はがき、インクジェット光沢郵便はがき、
純正はがき、フォトシールセット、貼ってはがせるプリントシール、オリジナルマグネットシート
A4、A5、A6、B5、封筒(長形 3号/4号)、はがき、10×15cm、L判、2L判など
連続コピー枚数1~20枚1~20枚9 枚
スキャナ形式フラットベッド型フラットベッド型フラットベッド型
センサーCIS方式CIS方式CIS方式
原稿サイズ最大A4A4/レターA4/レター
解像度主走査1,200dpi/副走査:2,400dpi主走査600dpi/副走査:1,200dpi1,200×1,200dpi
インターフェイスHi-Speed USB×1、IEEE802.11b/g/nHi-Speed USB×1、IEEE802.11b/g/n
Wi-Fi 802.11b/g/n、dual band wifi(2.4/5Ghz)、USB 2.0 × 1
消費電力約12W(スタンドアローンコピー時)コピー時(USB接続時)約9W/待機時(USB接続時)約1W稼働時 : 4w、待機時 : 1.7W
電源電圧AC100-240V 50/60HzAC100~240V 50/60Hz
AC 100 to 240 V50/60Hz
外形寸法(幅×奥行×高さ)収納時390×300×146mm約435×327×145mm432.5 × 361.1 × 132.1 mm
質量(本体のみ)約4.0kg約4.0kg約 5.22 kg
本体同梱品電源コード、保証書、早わかりガイド(紙)、ソフトウェアディスク、セットアップ用インクカートリッジ ブラック、シアン、マゼンタ、イエローセットアップCD-ROM/設置・基本操作マニュアル(紙)、BC-366/BC-365
セットアップカートリッジ(黒、カラー)、電源ケーブル(約1.5m)、USBケーブル(約1m)、セットアップカード、リファレンスガイド、保証書
印刷速度(標準)L版写真:約74秒、約2分49秒(A4写真用紙<光沢>)L版写真:約52秒
L版写真:約 53 秒 モノクロ : 約 18 秒、カラー: 約 21 秒
L判写真インク・用紙合計コスト(税込)約30.5円(L判・写真用紙<光沢>)約28.1円(大容量)/約34.8円(標準容量)
A4カラー文書・インクコスト(税込)約15.2円約18.5円(大容量)/約25,7円(標準容量)カラー24.4円/枚 モノクロ:約11.1円/枚
カラーバリエーションホワイトホワイト・ブラックホワイト
販売価格(税込)オープン7,682円9,882円

*2024年4月調べ

まとめ

この記事では、たまにしかプリンターをしない人向けに、コスパ最強の格安プリンターの選び方とおすすめのプリンターについて解説しました。

繰返しになりますが、商品選びの際、チェックすべきポイントは下記になります。

選ぶ際のチェックポイント
  • プリント、コピー、スキャンができる複合機
  • スマホ連携可能
  • Wi-Fi接続 ダイレクト接続できるモデル
  • インクのランニングコストが安い

家に1台ホームプリンターがあれば、いつでも必要な時に、プリントやコピーが直ぐに出来るようになります。

わざわざプリントの為、コンビニに行く手間も時間も削減できます。

また、セキュリティ上、コンビニなど外部でプリントすることが心配な身分証明書のプリントもホームプリンターなら安心ですね。

是非、この機会に自身の利用目的や使い方に合った「コスパ最強プリンター」をゲットしてください。

以上、「たまにしか使わない人におすすめ 厳選!コスパ最強プリンター」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次