\ ポイント最大9倍! /

ノースフェイス 防水シューズ ベロシティニット 徹底レビュー

ノースフェイス 防水シューズ ベロシティニット 徹底レビュー
*本ページはプロモーションが含まれています。

雨の日用のシューズを探していたら、良いものに出会いました。

ビジネスカジュアルなデザインで雨の日以外でも普段使いできる防水シューズです。

その革新的なシューズは、ノースフェイス ベロシティ ニット です。

・雨の日の足元が気になる
・靴下が濡れると不快
・レインシューズは蒸れる

雨の日のお出かけ時は、こんな悩みがありますよね。

こんなお悩みを解決してくれるのがノースフェイス ベロシティ ニットです。

この記事では、その使い心地や機能性について、率直なレビューをお届けします。

雨の日も快適に通勤・通学したい、梅雨シーズン対策として防水シューズをお探しの方は、是非参考にしてください。

目次

ベロシティ ニットを購入した理由

今までは雨の日は、シューズ内に水が侵入しにくい合皮のスニーカーで凌いでいました。

ただ、雨が激しくなるとどうしても水が侵入、靴下を濡らしてしまい不快な思いをしていました。

レインブーツは、持っているのですが通勤向きではありません。

また、レインブーツは、通気性が悪く長時間履いていると蒸れたり、疲れてしまいます。

あまりシューズの数を増やしたくないこともあり、ビジネスカジュアルなシーンで雨の日以外でも普段使いできる防水シューズとしてこのベロシティニットに出会ったわけです。

ノースフェイス ベロシティ ニットがおすすめな理由

結論としてノースフェイス ベロシティ ニットを購入して大正解でした。

その理由は下記になります。

ノースフェイス ベロシティ ニットがおすすめの理由
  • 雨の日も晴れの日も使える全天候方シューズ
  • しっかり防水性能があり、通気性も良く蒸れない
  • 軽くて歩きやすい
  • クッション性も良く、長時間履いても疲れにくい
  • ビジネスカジュアルでコーディネイトもしやすい

1足2役なので、ものを減らして必要最低限のもので暮らすミニマリストさんにもおすすめのアイテムです。

ここからノースフェイス ベロシティ ニットの魅力を詳しく解説していきます。

ノースフェイス ベロシティ ニットの特徴

ノースフェイス(The North Face)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置くアウトドア用品メーカーです。

ノースフェイスの製品ラインナップには、アウターウェア、フリース、シューズやバッグなど幅広い商品ライナップがあり、アウトドアだけでなくタウンユースまで年代を問わず人気があります。

ノースフェイス ベロシティ ニットは、デザイン良し、機能性良し、ユニセックス全天候型高機能シューズです。

ベロシティ ニット II ゴアテックス インビジブル フィット(ユニセックス)

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥18,857 (2024/04/23 22:46時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

デザインがシンプル

ビジネスカジュアルで合わせやすいすっきりしたシンプルデザイン。

デニムやカジュアルパンツ、ビジネススラックスなど様々なコーディネートで使えます。

カラーは、ブラックとミネラルグレーの2色から選べます。
公式サイトでは2色紹介されていますが、Amazonなどショッピングサイトではウォルナットなど他のカラーも販売されています。
カラーバリエーションについては、下記の商品紹介で解説しますので是非、参考にしてください。

軽い

重さは、片足259gとかなり軽量化されています。

アッパー素材は、伸縮性があり足に吸いつくようなフィット感で軽快にあることができ、長時間あるいても疲れにくいです。

履き口は、伸縮性のゴムの素材なので履きやすく、脱ぎやすいのでストレスはありません。

防水性能

アッパー素材に防水浸透性と快適なフィット感のゴアテックスGORE-TEX Invisible Fitを採用。

靴の表面には、縫目などもなく防水性能は十分です。

雨の日のお出かけでも、靴下が濡れる不快感はありません。

歩きやすい

足をすっぽり包み込むようなフィット感で一体感がありとても歩きやすいです。

インソールは、柔らかくクッション性もあります。

インソールは、取り外し可能なので自身のお好みのソールに変えることも可能です。

アウトソールは、イタリアのVibramソールを使用しており、滑りにくくグリップ力もあり履き心地は抜群です。

EXTRAFOAM構造により衝撃吸収性や安定性に優れているのも、快適な歩きやすさの秘訣です。

実際に午前中はくもり、午後から雨模様のタイミングで通勤に履いていきました。
15分程歩きましたが、クッション性があり柔らかい歩き心地で、足への負担が軽減されているのを実感しました。

天気予報通り、15時過ぎから雨、帰宅時間帯は激しく本降りとなりましたが、20分程度歩いた結果が下記の画像です。

雨水はかなり弾いて靴の先が少し水分を吸った感じになりましたが、靴の内側は全く濡れる事もありませんでした。

ゴアテックスのお陰で通気性も良く足に汗をかくことも無く快適でした。

防水スプレーを併用すれば、撥水性はさらに向上すると思います。

サイズ感

ベロシティニットのサイズは、0.5cmではなく1センチ刻みのサイズ選択肢しかありません。

サイズは、普段履いているシューズよりワンサイズ大き目が良いかもしれません。

筆者は、普通のサイズは26.5~27cmですが、今回は28cmを選択して丁度良いと感じています。

足の甲が高い方は、圧迫感を感じるかもしれませんが、履いていくうちに自身の足に馴染んできます。

アッパー素材は、伸縮性があり痛くなることは無いと思います。

筆者も使い始めた初日の出勤時は、多少圧迫感を感じましたが、帰宅時にはすっかり足に馴染んでフィット感も丁度よくなりました。

ベロシティニットの良い点・悪い点

メリットデメリット
晴雨兼用の全天候型万能シューズ
軽くて歩きやすい
長時間履いても疲れにくい
防水性能もグッド

ビジネスカジュアルで合わせやすい
サイズが1cm刻み

利用者の口コミ

利用者の口コミをまとめましたので参考にしてください。

良い口コミ

良い口コミでは、防水性能の満足度の高さが目につきました。
また、ビジネス、カジュアルで利用できる、晴れでも雨でも履ける、急な雨でも対応できる、このシューズさえあれば心配ない安心感を得られるという口コミも多かったです。

  • 降るかどうか?という日でもスニーカーなので躊躇なく履いて出掛けられるのが良い
  • 雨がふりそうならこれを履くと安心感が違う
  • 普段使いで履いていますが、歩きやすい。不意の雨天もへっちゃらです
  • 値段相応に長く使えるので損はないと思っています。
  • オンでもオフでも晴でも雨でも違和感がないのは魅力
  • ゴアテックスのおかげでしっかり防水してくれる
  • 高いけど履きやすい、疲れない
  • デザインも良く街中でも使えます
Amazon

悪い口コミ

悪い口コミでは、履き口がゴムで締め付ける構造の為、履きにくい、脱ぎにくいことをあげている利用者の口コミが散見されました。
価格が高いという口コミもありますが、機能面で満足している方も多くいます。

あとは、ノースフェイスのロゴがもっと目立った方が良いというデザイン面の不満もあり、ノースフェイス愛好家としては、わかる気がします。

  • 脱ぎ履きは靴ベラや手を使わないと出来ない
  • よく伸びるので良いのですがエントリーが狭くて厄介
  • 購入から数ヶ月使用したあたりでちょっとした雨でもつま先のあたりから浸水する
  • 幅広が有ればよかった
  • 甲の部分がタイトすぎてきつい、ワンサイズ大きい物を選んでも良い
  • 価格は決して安くは無いですが、機能性や耐水性もあり満足
  • ノースフェイスのロゴが白だったら100点
Amazon

ベロシティニットⅠとベロシティニットⅡの違い

ベロシティニットの現行モデルはベロシティニットⅡですが、以前は、ベロシティニットⅠが販売されていました。
ベロシティニットⅠは市場在庫限りの販売となります。

ベロシティⅠ(NF51998)とベロシティⅡ(NF52349)の違いは、大きな違いはありませんが、いくつか違いをあげると以下になります。

ベロシティ ニットⅠとⅡの違い
  • ロゴ
    ノースフェイスのロゴがベロシティⅠはプリント、ベロシティⅡは刺繍
  • 価格
    ベロシティⅠは、19,800円(税込)、ベロシティⅡは、23,980円(税込)

ベロシティⅠ(NF51998)のロゴは、プリント。

ベロシティⅠ(NF51998)とベロシティⅡ(NF52349)のロゴは、刺繍。
確かにあまり目立たない感じですね。

ロゴに関しては、悪い口コミにもありましたが、ベロシティ ニットⅠモデルのプリントタイプの方が、目立っておりノースフェイス愛好家にとっては残念な点かも知れません。

価格については、ベロシティ ニットⅠモデルならベロシティ ニットⅡモデルより4,180円安いので市場在庫があれば、お得に購入できます。

ベロシティⅠ(NF51998)は、楽天市場、Yahooショッピングでまだ販売されている店舗がありますので、サイズが合えば狙い目です。

ノースフェイス ベロシティ シリーズ

ノースフェイス ベロシティ シリーズには、ローカット、ミッドカットと紐靴タイプの3種類から選択可能です。
あなた好みのベロシティ ネットを探す参考になれば幸いです。

ベロシティ ニット II ゴアテックス インビジブル フィット NF52349

*画像引用:ゴールドウィン

ベロシティ ニット IIのローカットタイプです。
履きやすく脱ぎやすいのは、このローカットモデルです。

オールシーズン利用可能で、コスパの良いベストモデルです。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥18,857 (2024/04/23 22:46時点 | Amazon調べ)

ベロシティ ニット II ゴアテックス インビジブル フィット NF52245

*画像引用:Amazon

ベロシティ ニット IIの型番違いで、カラーバリエーション違いのモデルがあります。
ブラック。グレーの定番カラー以外が欲しいという方は、こちらがおすすめ。

ウォルナット、ヴァナディスグレー、ミリタリーオリーブなどのカラーから選択可能です。

ベロシティ ニット ミッド II ゴアテックス インビジブル フィット NF52348

*画像引用:ゴールドウィン

ローカットタイプは、履き口の周りが浅いため雨の進入がしやすいため、より防水性能を重視する方には、ミッドタイプがおすすめです。
足首まで濡れないので安心して大雨の中でも活躍します。

ベロシティ ニット レース II ゴアテックス インビジブル フィット(ユニセックス)

*画像引用:ゴールドウィン

紐靴タイプのスニーカーがお好みの方ならベロシティ ニット レース。

紐は飾りとしてのデザインなので、ベロシティ ニット同様の履き心地です。

ただし、紐が濡れたり、ほどけたりするのが嫌な人には向いていません。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥19,615 (2024/04/20 17:27時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

まとめ

この記事では、ノースフェイスの全天候型シューズ ベロシティ ニットをご紹介しました。

朝出かける際、天気予報で午後から雨予報であれば、このシューズを履いて出かければ何の心配もなく安心して出掛けることが出来ます。

このシューズさえあれば、急な気候変化やゲリラ豪雨に見舞われても大丈夫。

また、ビジネスでもカジュアルでもコーディネートしやすいシンプルなデザインも嬉しいですね。

雨の日も晴れの日も、この1足で快適にファッションを楽しむことが出来ます。

利用者の口コミでも、2回目、3回目の購入という口コミがあるように1度履いたら、その機能性と履き心地の快適性で次もベロシティ ニットを選択する利用者が多いことがわかりました。

筆者もその一人ですが、ノースフェイス ベロシティ ニットを選んでとても満足しています。

是非、この機会に快適な全天候型シューズ のノースフェイス ベロシティ ニットを体感してください。

ビジネスカジュアルで使えるおしゃれな防水シューズを解説した記事があります。
興味のある方は、是非、参考にしてください。

雨の日の通勤やお出かけに便利な男性向けレイングッズを紹介した記事があります。
こちらも是非、参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次