\ 最大15%ポイントアップ! /

外出中も安心!愛犬の健康をスマホで管理 自動給餌器の選び方

*本ページはプロモーションが含まれています。

小型犬は、その愛らしい外見と飼い主への強い愛情を示すことで、子供や高齢者とも過ごしやすく、とても人気があります。
さらに、大型犬に比べて、小型犬は適度な運動で健康を維持できることもあり、その飼いやすさも人気の理由です。

都市部での生活が増える中で、小型犬は住宅やマンションで飼いやすく、都市生活に適しているため、今後も需要が高まるでしょう。
一人暮らしの人でも、小型犬を飼っている人も多いと思います。

筆者も、小型犬と楽しい時間を日々過ごしながら、その魅力を実感している一人です。

小型犬を飼っている飼い主の皆さんは、愛犬の幸福と健康は最優先事項ですよね。
ただ、忙しい日々や外出が多いと、愛犬の食事管理や安全が気になります。

・外出中はどうしてるか、気になるな。。
・急な用事や残業で、給餌出来ないと可哀そう!

小型犬を飼っていると、いろいろと心配事や悩み事が出てきます。

そこで登場するのが、スマート給餌器です。

この記事では、スマート給餌器の基本から選び方、そしてその数々のメリットまで、詳しく解説します。

愛犬との素敵な日常をもっと豊かにするための情報が満載です。

スマート自動給餌器の購入を検討している方は、是非参考にしてください。

目次

小型犬飼い主さんの心配・悩み事

小型犬を飼っている飼い主さんが、抱える心配や悩み事の代表的な項目は以下の通りです。

心配や悩み事
  • 食事管理
    適切な食事量や栄養バランスを確保することに関する不安。
  • 留守中のケア
    仕事や外出時に愛犬が一人になることに対する心配。
  • 健康問題
    小型犬は特に健康に敏感であり、健康問題への懸念。

これらの心配や悩み事は、小型犬の飼い主さんが日常的に向き合う課題であり、スマート給餌器がこれらの問題を解決する手助けとなります。

スマート給餌器とは何か?


今までも自動給餌機器はありましたが、最近では、外出先からスマホで操作できるスマート給餌器の人気が上昇中です。

スマート給餌器は、スマートフォンと連携した自動給餌器の進化版であり、ペット飼育における利便性を最大限に引き出すためにテクノロジーを活用した製品です。
21世紀のペットケアを変革し、飼い主とペットの関係を新たなレベルに引き上げる革新的なデバイスです。

小型犬の飼い主にとって、便利で安心感のあるペットケアの一部として欠かせないものとなりました。

次のセクションで、さらに詳細にスマート給餌器の特長について探究していきましょう。

スマート給餌器の特長

スマート給餌器は、小型犬の飼い主さんにとって非常に便利で、愛犬のケアを向上させるために設計された、多くの特長を備えています。

以下では、その主要な特長について詳しく見ていきましょう。

自動給餌機能

スマート給餌器は、愛犬の食事を予め設定したスケジュールに合わせて自動的に提供します。これにより、飼い主さんが外出している間でも食事を安定して提供できます。

スマートフォン連携

専用のスマートフォンアプリを使用して、リモートで給餌器を制御できます。外出中でも、アプリを通じて食事スケジュールの調整や食事の手動提供が可能です。

カメラ機能

スマート給餌器に内蔵されたカメラは、愛犬の様子をリアルタイムで監視できます。
愛犬の活動や食事の状況を確認し、安心感を得ることができます。

通知機能

スマート給餌器は、食事を提供した際や、愛犬が給餌器の周りに現れた際に、スマートフォンアプリから通知を送信します。
これにより、愛犬の食事と行動に関する情報をリアルタイムで把握できます。

コミュニケーション

一部のスマート給餌器には、リモートで愛犬に声をかける機能があり、コミュニケーションをとることができます。これは愛犬との絆を深める手段となります。

カスタム食事プラン

スマート給餌器のアプリを使用して、愛犬の特別な食事要件に合わせたカスタム食事プランを作成できます。栄養バランスや食事量を調整し、健康をサポートします。

小型デザイン

スマート給餌器は、小型犬のためにコンパクトで取り扱いやすいデザインが多いため、設置が簡単です。
床置きタイプやケージ取付タイプなどがあります。

スマート給餌器は、小型犬の飼い主さんにとって、忙しい日常生活を支え、愛犬の健康と幸福を確保するための理想的なツールと言えます。

スマート給餌器のメリット・デメリット

スマート給餌器のメリット・デメリットをまとめましたので参考にしてください。

メリットデメリット
正確な食事&体重管理
留守中の安心感

リアルタイム監視

早期健康問題の発見
食事のカスタマイズ
留守中の声掛けでストレス軽減
飼い主の忙しいスケジュールに適応
便利なリモート操作
インターネット接続やアプリケーションの障害

リアルコミュニケーション不足

初期導入コスト

電力消費

スマート給餌器は、小型犬飼い主にとって多くのメリットを提供します。
これらのメリットは、愛犬の健康、安全、幸福に貢献しますが、インターネットの接続に依存するため、通信障害などの要因で操作できないデメリットも生じる可能性もあります。

これらのメリットとデメリットを考慮して、スマート給餌器を導入する際には、自身のニーズや愛犬の特性に合ったモデルを選びましょう。

スマート給餌器の選び方

小型犬向けの最適なスマート給餌器を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮することが重要です。
以下では、スマート給餌器を選ぶ際のポイントと、小型犬に適した選択肢を紹介します。

スマート給餌器の選びのポイント
  • 愛犬のサイズと特性を考慮

    愛犬の体重、食事量、食事回数などに合わせて適切なサイズと機能を選びましょう。
    カスタム食事プランの設定ができるかどうかも検討ポイントです。
    カメラと給餌機能が連携し、正確に指定した分量の食事を提供できるかどうかを確認します。
  • 食事スケジュールの柔軟性

    食事スケジュールを自由に設定できるかどうか確認し、愛犬の食事習慣に合わせられるか考慮しましょう。
  • 給餌量の調整

    食事量を細かく調整できる給餌器を選ぶと、愛犬の体重管理に役立ちます。
  • カメラの有無

    スマート給餌器では、カメラ付き給餌器がおすすめです。
    リアルタイム監視や通知機能を望む場合は、カメラ搭載モデルを選びましょう。
    すでにカメラを設置している方であれば、給餌機能モデルでも良いかと思います。
  • 音声通信機能

    遠隔から愛犬と音声でコミュニケーションを取りたい場合は、音声通信機能があるか確認しましょう。
    また、おやつを投げて遊ぶことができるモデルもあります。
  • 通信方式とアプリの使いやすさ

    スマートフォンアプリの使い勝手や機能が重要です。
    評判やレビューをチェックしましょう。

    カメラとアプリの通信方式(Wi-Fi、Bluetooth、クラウドサービスなど)を確認しましょう。
    Wi-Fi接続では、2.4GHzに限定されているモデルもありますので、自身のWi-Fi環境に適合しているかも必ず確認しましょう。
  • 電源の種類

    電源は、ACと乾電池に対応している2way方式がおすすめです。
    電源コードやバッテリー駆動型(乾電池)のどちらが適しているか考えましょう。
    停電時にも食事提供ができるバッテリー駆動型(乾電池)は便利です。
  • 耐久性とクリーニング

    給餌器が丈夫で、トレイなどが外しやすくクリーニングが容易であるか確認しましょう。
    お手入れが楽にできるか、清潔を保つために重要なポイントになります。
  • サイズや設置場所

    スマート給餌器には、容量タンクの大小サイズや床置きタイプやケージ取付タイプなどの種類があります。
    スマート給餌器の設置場所はどこか、自宅のスペースに合うサイズや設置場所、容量、デザインも選択肢に含めましょう。
  • セキュリティ

    インターネット接続に関するセキュリティ対策があるか確認し、愛犬のデータやプライバシーを保護しましょう。
  • カスタマーサポート

    メーカーのサポートや保証について確認し、トラブルが発生した際に対応がスピーディーか確認しましょう。購入者の商品レビューを確認することをおすすめします。
  • 予算と価格

    カメラ付モデルと給餌機能限定モデルでは、価格差があります。
    カメラ付モデルの方が、5,000円~10,000円程、割高になります。
    自身の使い方や予算に合致したスマート給餌器を選び、コストパフォーマンスを考慮しましょう。

ユーザーレビューや評判を確認し、他のユーザーの体験を参考にすることで、信頼性を確認できます。

価格帯と特徴の比較を通じて、小型犬に最適なスマート給餌器を見つけましょう。

おすすめのスマート給餌器

スマート給餌器は、スマートフォンと連携して自動給餌することがメリットです。
スマート給餌器は、いくつかの種類に分類できます。

カメラ付自動給餌タイプ、カメラ付きおやつ投げタイプ、カメラなし自動給餌タイプの3タイプに分類できます。
下記に、それぞれのタイプの人気モデルをピックアップしましたので参考にしてください。

カメラ付き自動給餌タイプ

こんな人におすすめ
  • 長時間外出することが多い人
  • 愛犬の様子をリアルタイムに見守りたい人
  • 愛犬と遠隔でコミュニーケーションをとりたい人
  • 愛犬の様子を写真や動画で記録したい人

PETLIBRO 自動給餌器 猫 カメラ付き 1080P 暗視機能 5G WiFi 音声検知5L大容量

PETLIBROは、アメリカのSanta Claraを拠点とするペット関連のスマートデバイスを製造する会社です。
主に自動給餌器やペットの健康管理製品を提供しています。
ペット飼育者向けに革新的な製品を開発し、飼い主が愛犬や愛猫のケアをより効果的に行えるよう支援しています。

大容量5Lタンクを備え、食事のスケジュールを柔軟に設定できるのが特徴です。
また、Wi-Fi接続は、2.4GHZ、5GHzの両対応、2WAY電源で安心です。

メーカーPETLIBRO双方向会話機能
型番‎PLAF203暗視機能
タイプ床置き音検知
フルHD高画質カメラフルHD 1080pフードドライフード専用
通信2.4GHz、5GHz給餌量50段階
専用アプリiOS・Android対応給餌回数10回

BLIXIA ブリシア カメラ付き自動給餌器 猫 犬 自動餌やり機 6L大容量

BLIXIA(ブリシア)は、日本の株式会社さくらネットが展開するペット自動給餌器です。
ペット用品、生活電気製品、及びスマートフォン・タブレット関連アクセサリーでもBLIXIAブランドで展開しています。
BLIXIA(ブリシア)カメラ付きWiFi接続式自動給餌器は、大容量6Lタンクを搭載。1日8回まで、自動給餌が可能です。
フードタンク・カバー・ステンレストレーは水洗い可能。取り外して水洗いできるので、いつでも清潔に保てます。

メーカーBLIXIA ブリシア双方向会話機能
型番‎PFC-1暗視機能
タイプ床置き音検知
フルHD高画質カメラフルHD 1080pフードドライフード専用
通信2.4GHz Wi-Fi給餌量50段階
専用アプリiOS・Android対応給餌回数8回
電源2WAY(USBACアダプター/単一電池X3)容量6Lタンク
サイズ・重量19 x 19 x 35cm/1.75kg保証期間1年

うちのこエレクトリック カリカリマシーンV2C 自動給餌器 カメラ付き

「うちのこエレクトリック」は、兵庫県を拠点とする株式会社アクセスラインが展開するペット家電ブランドです。
自動給餌器をはじめ、犬もの家電、猫もの家電の他、光る首輪などペット用品も販売しています。

カリカリマシーンV2C 自動給餌器は、自動給餌器のタンク密封性アップして、おいしさ長持ちいつでも安心。
乾燥剤ポケット搭載で、ペットフード(キャットフード/ドッグフード)のカリカリッが続くのが特徴です。
フードタンクの全てのパーツが工具を使わずに取り外せるので、内部タンクとトレイのお手入れも楽ちんです。

メーカーうちのこエレクトリック双方向会話機能
型番‎カリカリマシーンV2C F11-C暗視機能
タイプ床置き音検知
フルHD高画質カメラF2.0:160°超広角レンズ搭載FHDカメラフードドライフード・フリーズドライ対応
通信2.4GHz Wi-Fi (802.11 b/g/n)給餌量1ポーション10g
専用アプリiOS・Android対応給餌回数タイマー給餌 17回
電源2WAY/USBACアダプター/単一電池X3容量4.5Lタンク
サイズ・重量24 x 38 x 31.7 cm・2.6kg保証期間1年

Furbo ドッグカメラ – 360°ビュー ファーボ ペットカメラ 犬 猫 留守番 自動給餌器

Furbo社は、台湾を拠点とするペット関連のスマートデバイスを製造・販売する会社です。
Furboドッグカメラは、愛犬のケアとコミュニケーションを強化するための便利なツールとして広く利用されています。
通常の給餌器とは異なり、おやつをあげてコミュニケーションを楽しむタイプです。
スマートフォンからリモートで愛犬におやつを投げることができます。
これは愛犬との遊びや訓練に役立ちます。
360°ビュー機能を搭載、自動追尾機能で愛犬が部屋中を動き回っても見逃しません。

また、オプションでAIドッグシッター サービスを開始。
火事/ガス漏れ/侵入者などの緊急事態や、愛犬の行動の変化を動画とともに通知する有料サービス(30日間無料トライアル有)です。
また、愛犬の一日の様子をタイムラプス映像で楽しむことが出来ます。

メーカー‎Furbo双方向会話機能
型番‎Furbo3暗視機能
タイプ床置き音検知
フルHD高画質カメラ〇フルHD 1080p・4倍ズームフードドライフード専用
通信2.4GHz Wi-F給餌量飛び出すおやつ機能
専用アプリiOS・Android対応給餌回数
電源専用ACアダプタ/専用USBケーブル (2m)容量
サイズ・重量12.5×22.3cm・760g保証期間1年

Anker Eufy Dog Camera D605 自動給餌器 Wi-Fi ペットカメラ 360°ビュー 1080P

Anker(アンカー)は、モバイル充電機器、スマートホームデバイス、電子アクセサリー、オーディオ機器など電子製品を製造・販売するアメリカの企業です。
Anker Eufy Dog Cameraは、先述のFurboドッグカメラ同様、おやつをあげるタイプのカメラ付き給餌器です。
常にペットに照準を合わせる自動追尾AIカメラを搭載しています。

アプリ操作で約0.8m〜1.6mの3段階の飛距離や270°から方向を選んでおやつを出すことが可能。
一日1回、その日に記録したペットのアクティビティから、Eufy Petアプリが貴重な瞬間をピックアップし、自動でムービーを作成できるのも特徴です。

記録された映像や音声の記録は、全て本体に内蔵されている16GBのローカルストレージに保存されます。クラウドや、それ以外の媒体には保存されませんので、セキュリティ上も安心してご利用いただけます。

メーカーAnker双方向会話機能
型番D605暗視機能
タイプ床置き音検知
フルHD高画質カメラ〇フルHD 1080pフードドライフード専用
通信2.4GHz給餌量飛び出すおやつ機能
専用アプリiOS・Android対応給餌回数
電源専用ACアダプタ容量
サイズ・重量約14.4×14.4×25.3cm・1.5kg保証期間1年

飛び出すおやつ機能付きドッグカメラ 人気のFurboとAnker Eufyの2モデルを比較解説した別記事があります。
興味のある方は、是非参考にしてください。

カメラなし自動給餌タイプ

こんな人におすすめ
  • 外出時間の短い人
  • 食事管理が主な目的の人
  • コストを抑えたい人
  • プライバシーに懸念がある人

PETKIT 自動給餌器 タイマー式 2WAY給電 IOS Android対応 日本語対応アプリ 3L 中小型犬用

PETKIT(ペットキット)は、中国を拠点とするペット関連のスマートデバイスを製造・販売している会社です。
その製品ラインナップには、スマート給餌器、トラッカーカラー、健康モニター、おもちゃなどが含まれています。

PETKIT自動給餌器は、ドライフード以外にもフリーズドライフード、エアドライフード、ミックスフードに対応しています。
給餌プランにより給餌量は5段階(10g/20g/30g/40g/50g)に調整でき、給餌回数は一日に最大10回までに設定可能。
自動給餌に限らず、ダイエットや療養中の食事管理も対応し、ペットのヘルシーな生活にサポートしてくれます。

メーカーPETKIT通信2.4GHz
型番SOLO音声機能×
タイプ床置きフードドライフード、フリーズドライフード、エアドライフード、ミックスフード
製品サイズ16.7 x 29.6 x 31.6cm給餌量5段階
重量1.32kg給餌回数10回
電源2WAY・AC電源、単4アルカリ電池5本容量3Lタンク
専用アプリPETKITアプリ ・IOS Android対応製品保証期間1年

PETLIBRO 自動給餌器 スマホ遠隔操作 自動餌やり機 中小型犬用 2WAY給電 5L

PETLIBROは、アメリカのSanta Claraを拠点とするペット関連のスマートデバイスを製造する会社です。
蓋はツイストロック式なので、ペットのいたずらを防ぎながら、鮮度をしっかりとロックします。
蓋と容器の間にあるシリカゲル密封リングは効果的に空気を遮断して、食品の酸化を防止できます。

給餌口の赤外線センサーで、フード残量が最低基準値を下回った時、フード詰まりを検知してスマホに通知してくれるのも嬉しい機能です。

メーカーPETLIBRO通信2.4GHz、5GHz
型番‎PL-AF103音声機能音声録音機能
タイプ床置きフードドライフード専用、餌のサイズは直径2-15mm/0.07-0.6inの範囲
製品サイズ約18×18×35cm給餌量50段階
重量約2kg給餌回数10回
電源2WAY・ACアダプター給電またはアルカリ単一乾電池3本給電容量5Lタンク
専用アプリIOS Android対応製品保証期間1年

V-Dank スマート自動給餌器 猫 ペット ケージ取付タイプ 2.3L

V-Dankのスマート給餌器は、スマート給餌器の中でも数少ないケージ取付タイプの給餌器です。
ケージに取り付けるため、場所をとらず倒れる心配もありません。

給餌は、スマホで1日8回、各回約7グラム刻みで約7~84gまで設定可能。
2WAY給電で電池切れの心配もなし、フードタンクは本体から取り外し可能でお手入れも簡単です。

メーカーV-Dank通信2.4GHz
型番‎AF010音声機能10秒以内で録音可能
タイプケージフードドライフード専用
製品サイズH30cm×W22cm×D8cm給餌量給餌量:7g~84g / 回
重量約1.74kg給餌回数8回
電源ACアダプタ、単二乾電池3個容量2.3Lタンク
専用アプリIOS Android対応製品保証期間1年

カメラ付き、おやつ投げ、カメラなし、それぞれ特徴があります。
自身の環境や使い方に応じて自分にぴったりのスマート給餌器を選びましょう。

まとめ

この記事では、スマートフォンのアプリ操作で、外出中でも愛犬の様子を見守り、給餌も出来るスマート自動給餌器の選び方を解説しました。

スマート給餌器は、あ小型犬飼い主にとって非常に価値のあるツールです。
愛犬の健康、安全、幸福をサポートし、飼い主の生活を便利にします。
特に外出することが多い方や一人暮らしの方、また、急な用事や仕事で帰宅が遅くなる場合など、スマート給餌器があれば安心です。

正確な食事管理、留守中の安心感、リアルタイム監視、食事のカスタマイズ、ストレスの軽減など、多くのメリットがあります。

また、スマート給餌器を選ぶ際には、愛犬のニーズに合致し、使いやすく、安全なモデルを選ぶことが大切です。
愛犬との共生をサポートし、忙しい日常生活を支える最適なスマート給餌器を選択してください。
ユーザーレビューを読み、他の飼い主の経験を参考にして、信頼性の高いモデルを見つけましょう。

スマート給餌器は、小型犬飼い主にとって信頼のおけるパートナーとなり、愛犬の幸福な生活を確保することが出来ます。
外出が多い方や外出中の愛犬の様子が気になっている方は、この機会にスマート給餌器の購入をおすすめします。

以上、「外出中も安心!愛犬の健康をスマホで管理 自動給餌器の選び方」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次