\ 最大15%ポイントアップ! /

スマホ カーナビ ユーザー必見!ワイヤレス車載充電ホルダーで快適ドライブ

スマホ カーナビ ユーザー必見!ワイヤレス車載充電ホルダーで快適ドライブ
*本ページはプロモーションが含まれています。

近年、スマートフォンをカーナビゲーションとして活用するドライバーが急増しています。

しかし、この利便性には一つの課題が潜んでいます。

それがバッテリーの消耗です。

長時間のドライブや複雑な経路のナビゲーションにおいて、スマホのバッテリーが途中で切れてしまうことは避けたいものですよね。

ここで登場するのが、ワイヤレス充電車載ホルダーです。

この画期的なデバイスは、スマートフォンをカーナビとして使用する際に、同時に充電することができる便利なアクセサリーです。

快適なカーナビライフを求めるドライバーにとって、ワイヤレス充電車載ホルダーは欠かせない存在となりつつあります。

・充電車載ホルダーの選び方は?
・おすすめのホルダーは?

この記事では、ワイヤレス充電車載ホルダーの必要性に焦点を当て、スマホをカーナビとして活用する際のメリット、充電車載ホルダーの選び方、おすすめのアイテムをご紹介します。

どのようにしてドライバーの生活をより便利にし、スマホのバッテリー切れを防ぐのか、詳細に探っていきましょう。

目次

おすすめのワイヤレス車載ホルダーはどれ?

結論として、おすすめのワイヤレス車載充電ホルダーは、「Qi(チー)充電方式の自動開閉タイプ」です。
Android、iPhoneの両方に対応しており、自身だけではなく、同乗者の方のスマホを充電することが出来るので機種に依存しません。

また、手帳型スマホケースの利用者にも対応できるのもおすすめの理由です。
手帳型スマホケースは、クレジットカードやPASMOなどを入れることが出来る、スマホ落下時のスマホ破損リスク軽減面でも愛用している方が多いと思います。

このように、車で出かける際は、自身だけではなく同乗者が、どんなスマホを持っているかも想定して、幅広く利用できるワイヤレス車載充電ホルダーを選択することをおすすめします。

ここから、ワイヤレス車載充電ホルダーのワイヤレス充電ホルダーの特徴や種類、選び方について解説していきますので是非参考にしてください。

ワイヤレス車載充電ホルダーとは

*画像引用:Amazon

ワイヤレス充電の利便性

ワイヤレス充電車載ホルダーは、充電ケーブルの煩わしさから解放される画期的なデバイスです。

スマートフォンをホルダーにセットするだけで、自動的に充電が開始され、取り外しも簡単。

ドライブ中でも手軽に充電でき、ケーブルの挿し込みに悩むことなく快適なカーナビゲーションが可能です。

安全で確実な充電機能

ユーザーの安全を第一に考えたワイヤレス充電車載ホルダーは、高度な充電制御機能を備えています。

過充電や過熱を防ぎ、スマートフォンのバッテリー寿命を保護します。

安心して使用できる確かな充電機能が、ドライバーにとって頼りになる相棒となるでしょう。

車載での取り付けの容易さ

ワイヤレス充電車載ホルダーの取り付けは非常に簡単で、特別な工具や専門知識は不要です。

一般的な車両のダッシュボードやエアコン吹き出し口に簡単にクリップなどで取り付けることができ、ドライバーは手間を掛けずに即座に利用を開始できます。

この容易な取り付けが、ユーザーにとって利便性を一層高めています。

充電しながら利用できる

ワイヤレス充電車載ホルダーは、運転中でもスマートフォンを充電しながら利用できるメリットがあります。

長時間のドライブや旅行中、スマホが急速にバッテリーを消耗してしまう心配はもうありません。

充電しながら利用できるので遠出や長距離ドライブも安心してカーナビゲーションを楽しむことができます。

これは特に、急な外出や仕事の移動中に重宝します。

運転しながらスマホを充電できるので、目的地に到着した際にはバッテリーが十分に充電されたスマホを手に取ることができます。

これにより、予定が立て込んでいるときや緊急の連絡を待っているときでも、バッテリー切れの心配から解放され、安心して運転に専念できます。

ワイヤレス充電車載ホルダーが提供するこの利便性は、忙しい現代のドライバーにとって革新的で重要な機能と言えるでしょう。

デザイン性

車内デザインに溶け込むスタイリッシュな外観のワイヤレス充電車載ホルダーが多数、販売されています。

ワイヤレス充電車載ホルダーは、優れたデザイン性により車内にシームレスに調和します。

スリムで洗練された外観は、一般的な車載アクセサリーと見分けがつかないほどに車内デザインに溶け込み、インテリアを引き立てます。

異なる車種やカラーバリエーションにも調和しやすいデザインは、ユーザーにとっても目を引く存在となることでしょう。

耐久性と製造品質

ドライブ中の振動や温度変化にさらされる中で、各メーカーのこだわりの研究開発によりワイヤレス充電車載ホルダーは耐久性の高い素材と厳格な製造品質が保たれています。

高品質なプラスチックや金属を使用し、堅牢な構造で製造されているため、長期間にわたり安定した性能を維持します。

デザインと耐久性が見事に融合したワイヤレス充電車載ホルダーは、機能性だけでなく美しさも追求した上質な製品で安心して利用することが出来ます。

ワイヤレス車載充電ホルダーの選び方

ワイヤレス車載充電ホルダーは、充電方式、取付タイプなど、様々な車種にマッチするアイテムが多数、販売されています。

ここから自身の使い方に適したワイヤレス車載充電ホルダー選びのチェックすべきポイントを解説します。

充電方式で選ぶ

ワイヤレス車載充電ホルダーには、主に2つの充電方式があります。
その2つの充電方式について解説します。

Qi(チー)

Qi(チー)は、ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)が開発したワイヤレス給電の国際標準規格です。
ワイヤレス充電や無線給電、非接触給電とも呼ばれ、ケーブルを接続することなくスマートフォンなどを充電できます。

ワイヤレス充電器の最大出力は製品によって異なりますが、5W・7.5W・10W・15Wなどの製品があります。

Qi(チー)規格を採用しているワイヤレス車載充電ホルダーは、Magsafeのように強力な磁気で吸着するタイプでは無いので、衝撃などで充電器に置いたスマホの位置がズレると、うまく充電されなくなったり充電効率が低くなったりする場合があります。

Magsafe

MagSafeは、Appleが開発したApple製品専用のワイヤレス充電システムです。

MagSafeはiPhone12シリーズから登場した規格で、内蔵されたマグネットでスマホ本体と充電器がピッタリと貼りつきます。
強力な磁気で吸着するため、充電中にスマホの位置がズレて充電されなくなる心配はありません。

MagSafe充電器は、ワイヤレスではありますが、高速充電が可能で最大15Wに対応しています。
ケーブルで繋ぐ有線充電のスピードには劣りますが、約60分で50%ほど充電可能です。フル充電も約150分程度で完了します。

Qi & Magsafe 比較表

QiとMagsafeを比較表にまとめましたので参考にしてください。

充電方式Qi(チー)MagSafe
対応機種iOS、AndoroidApple製品専用
充電速度5W・7.5W・10W・15W15W
吸着力×
対応iPhoneiPhone8/11/SE 2nd/12/13/14/15iPhone12/13/14/15
製品ラインナップ

次世代のワイヤレス充電規格Qi2

2023年1月、国際標準のワイヤレス充電規格を策定する業界団体WPCが、従来規格Qiの次世代規格である「Qi2」を発表。

Qi2規格は、Apple社のMagSafe規格の技術提供を受けており、磁石の力を使用した「Magnetic Power Profile」技術を採用、従来規格Qiよりも効率的な充電が可能となります。

Qi2規格によるワイヤレス充電は、2023年9月に発売されたiPhone 15シリーズ以降の機種で対応すると発表されました。

Qi2規格が普及すれば、AndroidスマホでもMagSafe対応のiPhoneのように、スマホ本体と充電器を貼りつけて安定した充電が出来るようになります。

今後、ワイヤレス車載充電ホルダーへの採用により、さらに便利になることが期待されています。

取付方法で選ぶ

エアコン吹き出し口に取付

*画像引用:Amazon

車のエアコン吹き出し口にクリップで取り付けるタイプのホルダーです。
クリップが調整可能で、複数の車種に対応していますが、吹き出し口の形状やルーバーの間隔によっては、取付できない場合がありますので、購入前の必ず確認することをおすすめします。

エアコン吹き出し口取付タイプのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリットデメリット
取付・取り外しが簡単
移動が簡単で複数の車両で利用可能

夏場はスマホが冷却できる
エアコン吹き出し口の形状により取付できない

振動で揺れる場合がある

スマホに直接、冷風、温風が当たりやすい
エアコンの風量や向きを制限される

吸盤マウントでダッシュボードに取付

*画像引用:Amazon

ダッシュボードやウィンドウに吸盤や粘着ゲル吸盤で固定するタイプです。
多くの場所に取り付け可能で、お好みの場所に設置できる自由度が高く車種を選ばずにガッチリ吸着します。
ゲルは汚れても水洗いできるものもあり、吸着力が復活します。

ただし、ゲル吸盤は、耐熱性と放熱性に優れているようですが、最近の日本の猛暑の中、車内温度の上昇によって吸着できるのか、少し不安な面もあります。

メリットデメリット
自身の好きな場所に設定できる

車種を選ばず設置可能
ゲルなどの張り付けで取付が簡単
粘着部分が劣化してくる

一度、設置すると場所を移動しずらい

ダッシュボードは直射日光を受けやすく、高温になりやすい
設置場所により視界を妨げる可能性がある

スマホ ホルダータイプで選ぶ

スマホを固定する代表的な方法として、自動開閉式とマグネット式があります。
この2つについて解説します。

自動開閉式

*画像引用:Amazon

スマホを挟み込むアームが、電動で自動開閉するタイプです。
通常、2本のアームで挟むタイプが主流ですが、4本アームでがっちり固定できるタイプもあります。

赤外線センサー搭載モデルは、スマホをホルダーへかざすと自動開閉する優れものです。
使ってみると脱着も簡単で、意外としっかりと固定できます。

また、キャパシタ内蔵モデルは、エンジンOFFの状態でも電動でアーム開閉が可能です。
エンジン停止した後に、スマホが外せないなんてことはありません。

ワイヤレス車載充電ホルダーとスマートフォンの間に金属が挟まれたり、一定以上の温度になった場合、異物・過熱検知機能により自動的に充電を停止する異物検知機能があると安心です。

安全・安心の保護機能付きがおすすめ、過電流保護、過電圧保護、過熱保護、異物検知。

メリットデメリット
自動開閉、スマホセットが楽、取外しもワンタッチ
クランプ自動開閉機能でホルダー調整の手間なし

手帳型スマホケースでも利用できる
最大出力は5W・7.5W・10W・15Wなど様々
Android、iPhoneの両方で利用可能
スマホの位置がズレると充電できない場合あり

機構の故障や不具合発生の可能性

マグネット式

*画像引用:Amazon

強力ネオジム磁石を内蔵し、iPhone12シリーズを片手でカンタン・確実に吸着・ホールドすることが可能。
Apple MagSafeケース対応。

15W急速充電の場合にはQC3.0 USBカーチャージャー等が必要です。

Magsafeケース以外は使用できないので、手帳型スマホケースなどを使用している方には向いていません。

Magsafe対応の車載充電器ホルダーは、多く販売されていますが、Apple Made for MagSafe認証を取得している商品が品質面ではおすすめです。

メリットデメリット
強力な磁気でスマホを固定
スマホと充電器の位置がズレない
Magsafeは最大15Wの高速充電が可能
手帳型スマホケースなどは利用出来ない
iPhoneなどApple製品しか使えない

Androidスマホで利用できない

おすすめ ワイヤレス車載充電器

自動開閉式

カシムラ QI自動開閉ホルダー 手帳対応 キャパシワイヤレスタ付 エアコン取り付け KW-37

株式会社カシムラは、東京都に本社を置く、携帯電話用品やカー用品、海外旅行用品などを製造・販売しているメーカー。
特にワイヤレス車載充電ホルダーには、注力しており商品ラインナップも豊富です。

KW-37は、QI自動開閉ホルダー 手帳対応 キャパシタ付 エアコン取り付けタイプで、デザインがカーボン調、とても高級感がありスタイリッシュです。
過電流保護、異物検知など安全・安心の保護機能付きで万全です。

おすすめポイント
  • ワイヤレス充電の規格「Qi」認証品
  • 赤外線式近接センサー搭載、スマホをかざすだけで自動開閉
  • エンジン停止直後の状態でも電動でアームが開閉可能なキャパシタ内蔵
  • 最大15Wの急速充電対応
  • 過電流保護、過電圧保護、過熱保護、異物検知保護
  • 手帳型ケース対応
  • iPhone、Android両方に対応

カシムラ 自動開閉ワイヤレス車載充電ホルダーを実際に取付、使用感を解説したレビュー記事があります。
こちらも是非、参考にしてください。

セイワ(SEIWA) Qi ワイヤレス充電器 スマホホルダー IMP194 エアコン取り付け 自動開閉

セイワは、東京を拠点とするカーグッズノトータル・コーディネイト・カンパニーです。
ドライブレコーダー、スマートフォンアクセサリー、Bluetooth関連、車内用品、車外用品など幅広い商品を企画・販売しています。
IMP194は、Qi正規認証ワイヤレス充電機能内蔵の車載携帯電話ホルダー。手帳型ケースにも対応しています。

おすすめポイント
  • Qi正規認証ワイヤレス充電器
  • リリースボタンでアーム開閉
  • エンジン停止後、約30分以内はアーム開閉が1回可能
  • 異物・過熱検知機能により自動的に充電を停止
  • 最大出力15Wで効率的に充電
  • 手帳型ケース対応
  • iPhone、Android両方に対応

JAPAN AVE.Qi対応【 最大15W出力×スマートセンサー式 】充電器 Qi認証取得

JAPAN AVE. (ジャパンアベニュー)は、2016年愛知県で創業したカーエレクトロニクスブランドです。
ドライブレコーダー、FMトランスミッター、ワイヤレス充電ホルダーなど幅広く手掛けています。

JA620は、自動開閉スマートセンサー採用した15W急速充電 Qi車載ホルダーです。
伸縮吸盤マウント&エアコン吹き出し口 マウントの2WAY仕様です。
夏場だけエアコン吹き出し口に設置して、スマホ熱を冷風で抑えることも可能です。お好みの取付方法を選択できるのは嬉しいですね。
JAPAN AVE.製FMトランスミッターと相性バツグン。

おすすめポイント
  • Qi認証取得製品
  • 伸縮吸盤マウント&エアコン吹き出し口 マウント付属の2WAY
  • スマート高精細センサーで自動で静かにロック
  • 15Wの急速充電が可能(10W/7.5W/5Wワイヤレス充電も対応)
  • エンジン停止後も1回開閉が可能
  • iPhone、Android両方に対応

マグネット式

Belkin MagSafe対応 ワイヤレス車載充電器 10W エアコン吹き出し口用 WIC004btBK-NC

米国カリフォルニアを拠点とするBelkin。
BelkinはAppleと製品の共同開発を行なっており、iPhoneをはじめさまざまなデバイスの周辺機器を提供しています。
Apple製品ユーザーには人気の高いブランドです。

‎WIC004は、こだわりの車内に溶け込みやすい、MagSafeケースに対応のおしゃれでスタイリッシュなデザインのカーチャージャー。
強力なマグネットで片手で簡単にピタッと装着できます。
Made for Magsafe認証製品です。

おすすめポイント
  • 山道や凸凹道などのオフロードでも落ちない程の吸着力
  • iPhone 12以降の各種モデル
  • 最大10W高速充電対応(iPhoneは7.5W)
  • スマートフォンのGPSに影響のない磁気モジュール
  • 丈夫で長持ちC to Cケーブル
  • 安心の2年保証

Belkin MagSafe認証 ワイヤレス車載充電器 15W エアコン吹き出し口用WIC008btGR-NC

WIC008は、MagSafe認証で最大15Wの高速充電に対応のカーチャージャー。
Made for Magsafe認証製品です。

ホワイトとシルバーの本体ボディがスタイリシュで人気があります。
便利なケーブルストラップと背面のケーブルホルダーで、ケーブルを使いやすくまとめられるのもBelkinのこだわりです。

おすすめポイント
  • Magsafe強力マグネット、片手で簡単装着
  • 15W高速充電
  • iPhone 12以降のiPhone(12/13/14/15)
  • 縦横自由自在に角度調整も可能
  • ケーブルすっきり収納
  • 安心の2年保証

Anker 613 Magnetic Wireless Charger (MagGo) (マグネット式車載ホルダー)

Ankerは中国の深圳市を拠点とするモバイルバッテリーなどのスマートフォン、タブレット関連製品の開発&販売を行う企業です。

Anker 613 Magnetic Wireless Chargerは、マグネットでピタッとくっつくMagSafe対応iPhoneシリーズ専用アクセサリー「Anker MagGoシリーズ」のワイヤレスチャージャーです。

2ポートUSB カーチャージャー、USB-C & USB-A ケーブル (1.5m)のセット商品ですぐに取付利用できるのも嬉しいですね。

おすすめポイント
  • 約900gの荷重に耐える強力なマグネット
  • お好みの角度で360℃調整可能
  • 過電圧保護や温度管理、異物検知機能などのAnker独自の多重保護システム
  • 夜間など暗い車内でも、簡単に充電器の位置を把握できるLEDライト搭載
  • 最大30ヶ月保証

PITAKA ワイヤレス充電器 車載スマホホルダー S22/S23シリーズ

PIKATAは、中国の深センを拠点とした、素材へのこだわりと革新的なデザインに特化したテクノロジーベースのコンシューマーブランドです。

PIKATAのマグネットシステム「MagEZ」システムは、アラミド繊維を使用しており、薄くて軽量ながら耐久性と耐衝撃性に優れています。

MagEZ Car Mount Pro2は、スーパーカーボディからの流線型設計で高級感が溢れるボディ。
マウントの表面は純正のアラミド繊維を採用により、シンプルなカーボン風は車内の美しさを向上させます。

内蔵されたNFCタグにより、NFC対応スマートフォンをMagSafe車載ホルダーにタッチするだけで設定されたアプリが起動できる機能も備えています。

おすすめポイント
  • 1.2KG超強力マグネット、凸凹道などのオフロードでも落ちない程の吸着力
  • 15W急速充電対応
  • アラミド繊維を施したカーボン調のスタイリシュな流線型デザイン
  • 耐久性の高いクリップ
  • タップ操作でNFC搭載ショートカットを起動
  • 安心の過熱保護機能

エレコム 車載ワイヤレス充電器 マグネット吸着 7.5W 5W 車載ホルダーW-QC11BK

エレコム株式会社は、大阪に本社を置く大手コンピュータ周辺機器メーカーです。
ネットワーク機器をはじめ、サプライ製品、スマートフォンアクセサリーなど多くの周辺機器カテゴリーを扱っています。

W-QC11は、MagSafe対応iPhoneをマグネットで固定しながら、ワイヤレス充電ができる、エアコンルーバー取り付けタイプのワイヤレス充電機能付き車載ホルダー。

おすすめポイント
  • マグネット7.5Wの高速ワイヤレス充電、5Wのワイヤレス充電に対応
  • 着脱可能なスイングアームでエアコンの風を回避可能
  • ホルダーの左右に2つのLED
  • 自由自在に角度を調整できるボールジョイント

まとめ

スマホとカーナビを同時に活用するユーザーにとって、ワイヤレス車載充電ホルダーはまさに快適なドライブを実現する魅力的なアクセサリーです。

スマホの充電とカーナビ利用を同時に可能にする、一石二鳥の利便性が光ります。
余裕のあるドライブを実現し、長距離運転も安心です。

取付タイプには、自動開閉やマグネット機能が使い勝手を向上。
スマホの取り付けがスムーズで簡単、使いやすい操作性を実現しています。

また、高速充電機能を備え、スマホのバッテリー不安を解消。
同時に、過充電や過熱を防ぐセーフティ機能が搭載され、安全な充電を約束します。

これらのポイントが揃ったワイヤレス車載充電ホルダーは、ドライブ中の快適性を格段に向上させ、スマホとカーナビの同時利用をより便利で楽しいものにします。

冒頭でも解説しましたが、同乗者の事も念頭に置くと汎用性の高い「Qi(チー)充電方式の自動開閉タイプ」がおすすめです。

この機会に是非、ワイヤレス車載充電ホルダーをマイカーに装着して新しいドライブのスタイルを手に入れましょう。

以上、「スマホ カーナビ ユーザー必見!ワイヤレス車載充電ホルダーで快適ドライブ」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次