\ 最大15%ポイントアップ! /

最新 遠く離れた家族のケア おすすめ 高齢者向け見守りグッズ

【最新】遠く離れた家族のケア おすすめ 高齢者向け見守りグッズ
*本ページはプロモーションが含まれています。

高齢化社会が進む中、高齢者だけ、また高齢者の一人暮らしも、多くなっているのが現状です。

高齢の親と遠く離れて生活している方も多いのではないでしょうか。

筆者の母親は、一人暮らしで車で家までは、1時間程度の距離ではありますが、それでも何かあった時に直ぐに駆けつける事は出来ず、高齢者の一人暮らしはやはり心配です。

実家が遠方にある方にとっては、頻繁に帰省できないと親が気になる方も多いでしょう

毎日、電話連絡をするのも大変、逆に親側は、子供に心配させたくない気持ちもあり、連絡しなくなることもあると思います。

こんな心配ありませんか?

子供の悩み

・なかなか実家に帰れない
・熱中症など体調を崩していないか心配
・防犯対策は大丈夫?

高齢者の悩み

・子供に心配させたくない
・何かあった時だけ連絡したい
・宅内カメラなんて使いたくない
・見られている?監視されるのは嫌だ

昨今のテクノロジーの進化により、遠く離れた家族との距離を縮め、高齢者を見守る方法が大幅に向上しました。
インターネット環境が無くても、見守りできる家電やグッズがたくさん登場しています。

この記事では、あなたの心の安定感を高め、遠く離れた高齢の両親を見守るための最新の便利グッズや家電製品を紹介します。

高齢者の健康と幸福をサポートするための最新テクノロジーに触れてみましょう。

目次

高齢者向け 見守りにはどんなグッズが良いのか?

高齢者向けの見守りグッズは、どんなグッズがおすすめなのか詳しく解説していきます。

結論から言うと、
高齢者が、「見られている」、「監視されている」、感覚を与えず見守りたい、ストレスにならない範囲で見守りすることが重要です。

高齢の家族の方は、ふだん通りに過ごすだけでよく、「行動を監視されている」ストレスを与えないグッズを選択することが、家族や自身にとっても理想的です。

ここから、高齢者向け見守りグッズの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説していきますので、自身に合ったグッズは何か、ぴったりのグッズ探しの参考にしてください。

見守りグッズ・家電のメリット・デメリット

見守り家電やグッズの中には、様々な種類があります。
カメラを使用するものは、見られている、監視されているなど高齢者のストレスにもなり、プライバシー的な課題があります。

下記にメリット・デメリットをまとめました。

メリット

メリット
  • 安全と安心感 
    高齢者の見守り家電は、高齢者が安全であることを確認し、緊急時に支援を提供するのに役立ちます。
    これにより、高齢者とその家族は安心感を持つことができます。
  • リアルタイムモニタリング
    スマートセンサーやカメラを使用した見守りシステムは、高齢者の動きや活動をリアルタイムでモニタリングし、異常が検出された場合に警告を発信します。
  • 医療アラート
    健康モニターやスマートウォッチは、高齢者の健康状態を追跡し、緊急時に医療アラートを送信することができます。これにより、早期の医療介入が可能となります。
  • コミュニケーション
    スマートデバイスを介したビデオ通話やメッセージングは、高齢者と家族や友人とのコミュニケーションを促進し、孤立感を軽減します。
  • 自動化と快適さ
    スマート家電は、高齢者の生活を楽にするために家事を自動化し、照明や温度を調整するのに役立ちます。
    熱中症対策にも活用できます。

デメリット

デメリット
  • プライバシーの懸念
    高齢者の見守り家電は、個人情報やプライバシーに関する懸念を引き起こすことがあります。カメラやセンサーが常に活動を監視していることが、プライバシー侵害となる可能性があります。
  • 技術的な障壁
    高齢者が新しいテクノロジーを使用することに抵抗感を持つことがあります。設定や操作が難しい場合、利用する障壁となる可能性があります。
  • コスト
    一部の高齢者の見守り家電は高価であり、予算に影響を与える可能性があります。一方で、低コストのオプションも利用可能です。
  • 誤検知
    見守りシステムは時折誤検知を起こすことがあり、警告が不要な場合でも鳴動することがあります。これは高齢者や家族にストレスをもたらすことがあります。

総合的に、高齢者の見守り家電は、安全性と利便性を提供する一方で、プライバシーや技術的な課題などのデメリットも考慮する必要があります。
選択肢を比較し、高齢者の個々のニーズに合った適切なソリューションを見つけることが重要です。

見守り家電・グッズの選び方

高齢者の見守り家電・グッズを選ぶ際のポイントをまとめました。
上記で解説したメリット・デメリットを考慮し、適切な選択をするためにチェックすべきポイントを把握しましょう。

選ぶ時のポイント
  • 高齢者のニーズの理解
    高齢者の特定のニーズや制約を理解し、それに合った製品を選びましょう。
    例えば、認知症の有無、健康状態などを考慮することも大切です。
  • 使いやすさとシンプルなデザイン:
    シンプルで分かりやすいインターフェースを持つ製品を選びましょう。高齢者が操作しやすく、ストレスなく利用できることが重要です。
  • リモートモニタリング機能
    リアルタイムで高齢者の状態を監視できる製品を選ぶことで、緊急時に素早く対応できます。
  • 医療アラート機能
    健康問題に対応できるよう、医療アラート機能がある製品を検討しましょう。心拍数モニターや薬のリマインダーなどが含まれます。
  • セキュリティとプライバシー
    データのセキュリティとプライバシー保護が確保されているか確認しましょう。高齢者の個人情報が漏れないように注意が必要です。
  • 緊急通報機能
    緊急時に家族や介護者に通知する機能があるかどうかを確認し、必要な場合にすぐに連絡を取れるようにしましょう。
  • バッテリー寿命と充電の簡便さ
    長時間のバッテリー寿命や充電の容易さがある製品を選び、電源切れのリスクを軽減しましょう。
  • 保守とサポート
    製品の保守や修理、サポートが簡単に利用できるか確認し、トラブル時の対応をスムーズにできるようにしましょう。
  • コストと予算
    予算に合った製品を選びましょう。高機能なものほど高価であることが一般的ですが、必要な機能に合わせて選択しましょう。
  • レビューや評判の確認
    他のユーザーのレビューや評判を調査し、製品の実際のパフォーマンスや信頼性を確認しましょう。
  • 遠隔操作と設定の簡便さ
    遠隔から設定や操作を行えるかどうかを確認し、遠く離れた場所からでも高齢者をサポートできるか考慮しましょう。

これらのポイントを考慮することで、高齢者の見守りに適した家電・グッズを選び、安心感と高齢者の健康・安全をサポートできるでしょう。

おすすめ見守り家電・グッズ

見られている、監視されている、感覚を与えず見守りたい、ストレスにならない範囲で見守りできる家電やグッズがおすすめです。

高齢の家族の方は、ふだん通りに過ごすだけでよく、「行動を監視されている」ストレスを与えないことが、家族や自身にとっても理想的です。

高齢者のストレスがない、設定が簡単で導入しやすい家電・グッズをピックアップしました。
是非、参考にしてください。

まもりこ 見守りサービス

まもりこは、冷蔵庫やトイレのドアなど(1日1回は開閉する場所)に設置します。

離れて暮らす両親、一人暮らしの高齢者をそっと見守ります。
一定時間、冷蔵庫の開閉が無いとスマホアプリに通知します。

冷蔵庫に設置する場合は、側面や上面に設置してもドアの開閉を検知することができます。

特徴
  • ゆるっと見守り 異常が合った時だけお知らせ
  • Wi-Fi-なし LTE
  • 生活リズムがわかる
  • 料金体系がシンプル
製品名まもりこ複数人利用
提供会社合同会社ネコリコ見守られる人まもりこを設置
タイプ冷蔵庫開閉見守る人スマートフォン
温度センサー×動体検知×
会話機能×健康状態生活リズムがわかる
位置情報×通知機能判定は1日3回(朝・昼・夜)
ネット環境不要本体費用13,200円(税込)
契約契約年数縛りなし、解約金なし月額費用550円(税込)
Wi-FiWi-Fi不要保証期間1年

ハローライト HelloLight LED電球

見守りができるLED電球!
「HelloLight」は、LEDのON/OFFを通信で知らせることができる世界初のIoT電球。

今ある電球をひとつ交換するだけで、見守り・防犯サービスが開始できます。
日常生活の照明器具でプライベートに干渉せず自然な形で大切な方を見守ります。

特徴
  • 電球を交換するだけ。工事不要・電源不要・Wi-Fi不要。
  • 1日の間に点灯と消灯の動きがないと、お知らせが届きます(期間検知)
  • 点灯をすると電球からお知らせが届きます(点灯検知)。
製品名ハローライト複数人利用〇最大5個のメールアドレス・LINEアカウント1個
提供会社ハローテクノロジーズ株式会社見守られる人ハローライトを設置
タイプLED電球見守る人スマートフォン
温度センサー×動体検知×
会話機能×健康状態×
位置情報×通知機能判定は1日3回(朝・昼・夜)
ネット環境不要本体費用10,780円
Wi-FiWi-Fi不要月額費用スタンダードプラン:495円
契約契約年数縛りなし、
解約金なし
保証期間1年

MaBeee みまもり電池

MaBeee(マビー)は、乾電池で動く製品をスマホでコントロールできる乾電池型IoT製品です。

「みまもり電池」は、単3電池型のIOTみまもりデバイスだから、いつもの生活で使用している家電に入れて、家族をみまもれます。

TVリモコンなど、単三電池を使用する家電に入れた「みまもり電池」が、家電のご使用を検知し、インターネットを通じて、ご家族の「みまもりアプリ」に無事を知らせます。

グラフ化された生活リズムで日常のささやかな異変に気づいたり、設定したアラートをみまもりグループチャットで共有します。

特徴
  • いつも利用しているテレビ、エアコン、トイレ、寝室照明のリモコンの乾電池をセットするだけ
  • チャット機能
  • 生活リズム機能
  • アラート機能
  • 家族みまもり【スタートパック】がお得、さらに1年間プランは13,200円
製品名macbeeみまもり電池複数人利用〇最大6名
提供会社ノバルス株式会社見守られる人macbeeみまもり電池
タイプ乾電池見守る人スマートフォン
温度センサー×動体検知×
会話機能×健康状態×
位置情報×通知機能ログは5分間隔で更新
ネット環境不要・Bluetooth LE 4.1以降本体費用みまもり電池本体:3278円(税込)
Wi-FiWi-Fi不要月額費用家族みまもりサービス:1078円(税込)
契約契約年数縛りなし、解約金なし保証期間1年

KDDI かんたん見守りプラグ

かんたん見守りプラグは、インターネット環境の用意や難しい設定の必要がなく、ご家庭のコンセントに挿すだけでかんたんに使用開始ができる安心見守りサービスです。

特徴
  • 簡単コンセントに差すだけ
  • かんたんモニタリング
  • 4つのセンサーでモニタリング
  • au以外の通信キャリアのスマホも利用可能

モーションセンサー、照度センサー、温湿度センサー、電力センサーの変化をチェックし、異常を検知した場合、au HOMEアプリや登録したメールアドレスへ通知します。

アプリ通知なら最大10人※までの登録が可能で、メールアドレスへの通知の場合は最大5件まで対応しているため、家族での見守りに最適です。

製品名KDDI かんたん見守りプラグ複数人利用アプリ通知最大10人
メールアドレスへの通知:最大5件
提供会社KDDI見守られる人KDDI かんたん見守りプラグ
タイプコンセントプラグ見守る人スマートフォン
温湿度センサー動体検知
会話機能×健康状態×
位置情報×通知機能
ネット環境不要本体費用8800円(税込)
Wi-FiWi-Fi不要月額費用au HOME 利用料:539円(税込)初月無料
契約契約年数縛りなし、
解約金なし
保証期間1年

SwitchBot ハブ2 開閉センサー 2個セット

SwitchBot開閉センサーをドアや窓に貼るだけでドアや窓の開閉状況を検知できます。
どこでも24時間、スマホから確認可能で安心感が得られます。

SwitchBotハブミニと連携すれば、開閉時のアラート通知の設定は可能です。外出先でもスマホでプッシュ通知が来たらセンサーの開閉状態をすぐ確認できます。ご家族の動きや、万が一の防犯アイテムとしてご使用いただけます。長期出張、遠距離の親介護をする時には役に立ちます。

特徴
  • ドアや窓に貼るだけで簡単設置
  • 冷蔵庫やトイレのドアに貼れば遠く離れた家族の動きを通知してくれる
  • ハブミニで温湿度も確認できるので、エアコン連動で熱中症対策も可能
  • ハブミニ連携で拡張性がある
製品名SwitchBot ハブ2 開閉センサー 2個セット複数人利用アプリインストールで制限なし
提供会社SwitchBot見守られる人ハブ2&ドア開閉センサー
タイプドア開閉センサー見守る人スマートフォン
温湿度センサー動体検知
会話機能×健康状態×
位置情報×通知機能
ネット環境必要本体費用11,760円(税込)
Wi-FiWi-Fi不要月額費用なし
契約契約年数縛りなし、解約金なし保証期間1年

Oura Ring オーラリング 新型 第3世代

フィンランドの「ŌURA」は、心拍数や心拍変動(HRV)、体表温、活動量、睡眠などの測定を通して健康管理できるスマートリング。

Oura Ringは、NBA選手や日本サッカー代表選手にも支給されたりして話題になっています。

指にはめて眠ると、内側のセンサーが体温や心拍数などのデータを自動的に収集。

Ouraリングのすべての機能(継続的な健康管理や毎日のインサイトなど)を利用するには、有料のメンバーシップ(月額999円税込)が必要です。
Ouraは時間の経過とともに、ユーザー個人に関して学習し、ガイダンスの精度が向上します。

アプリで作成できるOuraサークル機能で家族や友人のOuraメンバー同士でサークルを作り、スコアを共有することが出来ます。

いつでも離れて暮らす家族の様子や健康を、ストレスなくお互いに見守ることが可能になります。

製品ラインナップが豊富なので、正規代理店直販サイトの購入がおすすめです。

特徴
  • 指にはめるだけで見守り&健康管理
  • 高齢の家族の方は、ふだん通りに過ごすだけ。
  • 監視されているストレスなく見守り可能
  • 日本国内の正規代理店はソフトバンクで安心サポート
製品名Oura Ring複数人利用Ouraメンバーシップ加入が必要
提供会社Oura Health Oy見守られる人Oura Ring/Ouraサークル
タイプスマートリング見守る人Oura Ring/Ouraサークル
温湿度センサー×動体検知×
会話機能×健康状態
位置情報×通知機能
ネット環境不要本体費用47,000円(税込)~
Wi-FiWi-Fi不要月額費用Ouraメンバーシップ 999円(税込)
契約契約年数縛りなし、解約金なし保証期間1年

家族のつながり見守りサービス 「 Hachi 」

「Hachi」は、Apple WatchとiPhoneを使って家族を見守るWebサービスです。
月額858円で利用でき、緊急時に簡単な操作で家族に通知する機能も搭載されています。

ご両親にApple Watchを毎日身につけてもらうだけで、大切な方を複数名でみまもることができます。

特徴
  • Apple WatchとiPhoneが必要
  • 位置情報と移動経路
  • お出かけ通知(外出/帰宅のお知らせ)
  • 歩数や心拍数の見守り
  • 1日2回、朝夕に「元気かな?」を確認できる「お知らせメール」機能
製品名Hachi複数人利用〇課金あり/一人当たり858円(税込)/月
提供会社AP TECH株式会社見守られる人Apple watchとiPhone
タイプApple Watch&iPhone見守る人iPhone/Android端末
温度センサー×動体検知×
会話機能健康状態〇「歩数」「心拍数」「心拍変動」
位置情報通知機能判定は1日2回(朝9時・夜18時)
ネット環境不要本体費用Apple watch24回払い約7,000円
Wi-FiWi-Fi不要月額費用858円(税込)
契約契約年数縛りなし、解約金なし保証期間1年

まとめ

高齢の親を遠く離れた場所で見守ることは、心の負担がかかることがありますが、現代のテクノロジーはこの課題に革命をもたらしました。

この記事では、遠く離れた高齢の親をサポートするための便利な見守りグッズと家電を紹介しました。
これらの製品は高齢者の安全と快適さを確保し、家族や関係者に安心感を提供します。

リモートモニタリング、医療アラート、緊急通報機能、そして使いやすさが特徴のこれらの製品は、高齢者が自分の家で自立した生活を送るのを助け、外部のサポートが必要な場合にすぐにアクションを起こす手助けを提供します。

さらに、これらの製品は高齢者と家族とのコミュニケーションを促進し、孤立感を軽減する役割も果たします。

ただし、製品の選択に際しては高齢者のニーズに合ったものを選び、プライバシーとデータセキュリティを確保することが重要です。
また、製品の予算やサポート体制も考慮に入れましょう。

遠く離れた高齢の親を見守るために最適な製品を選び、家族との結びつきを強化し、安心して一人暮らしを楽しむお手伝いをすることができます。
繰返しになりますが、
高齢の家族の方は、ふだん通りに過ごすだけでよく、「行動を監視されている」ストレスを与えないことが、家族や自身にとっても理想的です。

是非、この機会に高齢者の健康と幸福をサポートするために、ストレスのないグッズを選定して最新のテクノロジーの活用してください。

以上、「【最新】遠く離れた家族のケア おすすめ 高齢者向け見守りグッズ」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次