人気のモニターライト 比較 レビュー BenQ vs Quntis

比較 レビュー BenQ vs Quntis

パソコンでの作業時に手元が暗くて作業しにくい、目が疲れてしまうことはありませんか?

さらにこんな悩みも

・デスクライトがパソコンのモニターの高さと合わない
・モニターにデスクライトの灯りが反射してしまい見づらい
・デスクライトのスタンド部が大きくて邪魔

コロナ禍でテレワークがメインとなった筆者は、長時間のパソコン作業で目が疲れてしまう事が多々あります。

目の疲労に悩んでいた筆者は、
Amazonプライムセールのランキング急上昇中で目に留まった「モニターライト」を購入しました。

この記事では、モニターライトについて人気のあるBenQとQuntis製品を比較しながら、筆者の使用感をレビュー解説します。

モニターライトを検討中の方は、是非、参考にしてください。

モニターライトとは

モニターライトとは、外付けの液晶モニターやノートパソコンの上部に引っ掛けて使用するライトです。
棒状に横長のバーにLEDが配置されているのでバーライトとも呼ばれています。

冒頭でもデスクライトのデメリットは書きましたが、モニターライトであればモニター上部に引っ掛けるだけなので、机上のスペースも必要ありません。
デスク周りをすっきり有効活用できます。

モニターライトは、デスクライトに比べて照射範囲が広がり手元を明るく照れしてくれるので、作業がしやすくなります。
昨今の長時間にわたるテレワークにも最適なライトと言えるでしょう。

ライオン株式会社の調査によると、テレワークへの移行によってパソコンの平均使用時間が4.5時間から5.7時間に増加しており、目に不調を感じている方が増えてきているとの報告もあります。

モニターライトの活用は、目への負担が軽減されると同時に、作業効率アップにも繋がるため、最適なテレワーク環境を構築できると思います。

モニターライトのメリット
・目の負担軽減
・作業効率アップ
・集中力アップ
・光が目に入らない
・デスク周りがすっきり

BenQ と Quntisモニターライト比較

ここからは、モニターライトの王道 BenQ ScreenBar とQuntis ScreenLinear L206を比較して解説します。
この2商品は、いずれもAmazonランキングの1、2位を争う人気のモニターライトです。

2商品の共通点は、モニターライトに自動調光機能を搭載している点です。
数多いモニターライトの中で、自動調光機能を搭載しているのは、現在この2商品のみとなっています。(2022年7月)

今回、筆者が購入した、Quntis ScreenLinear L206 から解説します。
Quntis は、モニターライトを主力商品として充電器やPC周辺機器を世界40か国に展開している中国企業のブランドです。

Quntisのモニターライトを選択した決め手は、5,000円台で買える手頃な価格だという事です。
一方、BenQのScreenBarは、12,900円(税込)と2倍以上の価格となっています。

ライトとしてはちょっと高額では?
「この価格の差は何が違うのか」が気になり比較したわけです。

Quntis ScreenLinear L206 PHX003-L SW


Amazonからは、商品パッケージに直に配送ラベルが貼られて届いたので、開封するまで不安ではありましたが、商品はしっかりとした梱包状態で保護されていて問題ありませんでした。

パッケージ内容は下記になります。
・LEDバーライト
・TYPE-C ナイロン製ケーブル(2m)
・グリップ
・調節用の予備クリップ

取扱説明書も、文字は小さいですが日本語で問題ありません。

LEDバーライトには、100個のLED精密電球が使用されています。
本体表面は丸みを帯びたブラックのマット調デザインで高級感があります。
デザインについては、LEDバーとタッチパネルの配置など、BenQのScreenBarとかなり似ていると感じました。

本体上部に操作パネルが配置されており、タッチセンサー式で感度も良いです。

組立は簡単、グリップ部にLEDバーをはめ込み、バー後部のTYPE-Cケーブルの差込口にケーブルを差し込んで完成です。

ただ、グリップにLEDバーをはめた状態でライトの角度を変える際にバーを回転させるのですが、ちょっと硬い感じがします。

USB-Cケーブルは、2mの長さがありナイロン製で耐久性も良さそうです。

操作パネルには、右から点灯・消灯ボタン、自動調光モードボタン、無段階・色温度調光ボタン、無段階・輝度調光ボタンが並び、上部に自動調光センサーも配置されています。


グリップ部のおもりの重さも十分で、安定した設置が出来ます。

グリップをモニター上部に引っ掛けるだけですが、モニターの厚みによって付属の予備グリップで調整も可能です。

筆者のモニターは24インチですが、厚みが1.5センチ程度なので予備グリップは使用しませんでした。
LEDバーの長さは、52センチと長く、モニター横幅にぴったりのサイズで、上部に引っ掛けた状態でモニターと一体感があり全く気になりません。

スイッチを入れて点灯すると、かなりの明るさです。
照射範囲を計りましたが、約縦50センチ、横80センチと手元はもちろん、広範囲を明るく照らしてくれます。
筆者のデスクは、幅120×奥行70センチですが、ほぼテーブルの全体を明るくできている状況です。


部屋の照明を消灯した状態でも、十分な明るさで、モニターに光の映り込みも無く、業務に集中できて効率が上がりそうです。

今まで置くスペースと角度で悩んでいたデスクライトの使い勝手とは雲泥の差です。

Quntis ScreenLinear L206 PHX003-L SWのAmazonのカスタマレビューでは4.4ポイントの高評価となっています。(2022年7月)

モニターライトの王道 BenQ ScreenBar

BenQのScreenBarは、長さは45センチとQuntisと比較して約7センチほど短いです。

スイッチパネルもQuntis同様タッチパネル式になっています。
大きな違いは、自動調光機能の差です。


BenQは色温度、明るさの両方の調光可能なのに対して、Quntisは、明るさのみの自動調整となっています。

また、BenQの色温度調整が14段階に対してQuntisが4段階、BenQの明るさ調整が8段階、Quntisが4段階となっており、BenQ製品の方が細かい切り替えができます。

(BY BenQ)

ただ、自動調光機能を利用するのであれば、明るさを細かく調整する必要性をあまり感じません。
また、14段階の調整が出来ますが、今の設定が何段階なのか、わからないのも難点です。

USB-C typeケーブルが1.5mの長さも、接続場所によっては、少し短いかも知れません。

2製品について、比較表を作成しましたのでご参照下さい。

メーカーBenqQuntis
製品型番ScreenBarScreenLinear L206
バーの長さ45センチ52センチ
対応モニターの厚み1-3㎝0.7cm~3.5cm
対応モニターサイズ17~29インチ22~29インチ
操作方法本体タッチ式本体タッチ式
自動調光機能あり
(色温度、明るさ調光可能)
あり
(明るさ調整のみ)
色温度調整(手動)2700-6500K(14段階)3000-6500K(4段階)
明るさ調整(手動)8段階4段階
光度中心1000Lux、全範囲500Lux700Lux
照度範囲30x60cm(500Lux)50x80cm(筆者測定)
CRI(演色性)Ra>95Ra>95
消費電力5W5W
USBケーブル長さ1.5m2m(ナイロン)
材質アルミニウム合金
ポリカーボネート
アルミニウム合金
ポリカーボネート
本体重量0.53kg
本体カラーブラックブラック
販売価格(税込)12,900円5,680円


モニターライトを実際に見てみたい場合は、量販店にも展示コーナーを設置している店舗もありました。

ただ、今回紹介したBenQとQuntisの扱いなく、商品の展示数はあまり多くありませんでした。
モニターライトの設置状態や使用感など参考にはなるかと思います。
また、モニターと同時購入で割引のキャンペーンなどを実施していることもあるようなので、量販店に行かれる際はチェックしてみてください。

まとめ

この記事では、人気のモニターライト2製品について解説しました。
モニターライトを購入した方のレビューでは、「デスク周りがすっきりした」「仕事環境が改善した」「目の疲れが軽減された」と高評価が多いです。
デメリットとしては、WEBカメラと干渉する場合があるのでモニターライトの上にWEBカメラを設置するなど工夫が必要とのレビューも目にしましたが、概ねデスクライトから買い替えて満足している方が多いですね。

BenQ ScreenBarとQuntis ScreenLinerの大きな違いと言えば、BenQ ScreenBaroの方が自動調光機能が色温度、明るさ両方の調整が可能、段階調整が豊富に用意されている点です。

価格が1万円以上でも、細かい調整機能が必要だという方は、BenQ ScreenBarをおすすめしますが、
自動調光機能をスイッチオンにして、その後は明るさの段階調整はほとんどしないという方は、コスパの良いQuntis ScreenLinearで十分かと思います。

モニターライトを利用することで、デスクスペースが広がり、パソコン作業時の目の負担を軽減するなどメリットがたくさんあります。
筆者は、モニターライトの快適さを体感して、パソコン作業時の必須アイテムとなりました。

あなたもデスクライトからモニターライトへ移行して、快適なテレワーク環境を実現してみませんか。
きっと集中力がアップして業務効率があがると思います。

以上、「人気のモニターライト 比較 レビュー BenQ vs Quntis」でした。

タイトルとURLをコピーしました