コスパ最強って本当!? 5千円以下で買える 人気のワイヤレスイヤホン anker soundcore liberty neo 2 レビュー

ワイヤレスイヤホンは、人気商品としてApple Airpods、Beatsなどが多くのユーザから支持を集めていると思います。毎年、多くの商品が発売されている競争も激しい市場ですよね。

そんな多くの商品の中から自分の用途にあった商品を探すことになるのですが、用途がジョギングなどスポーツ時の使用となると急な雨や汗濡れによる故障などの心配、またジョギング中に紛失なども考えられます。

私も週末にジョギングをすることが多いので、雨や汗などの水濡れを気にせず安心して使用できるワイヤレスイヤホンを探していました。
スポーツ用途なので、そんなに高級なものは必要ないと思っていましたが、低価格でもある程度の品質と信頼できるブランドの商品が欲しいとは考えていました。
「安かろう悪かろうで、すぐに買い替えなどの後悔はしたくないな」と誰でも思いますよね。

いろいろ検討した結果、スポーツ利用にぴったりな、しかもリーズナブルで高性能なワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Liberty Neo 2を4,990円(税込)で購入しました。
購入後、約1年間、使用してみた感想をレポートします。

充電といえばAnker社

Ankerは、アメリカ、日本、ヨーロッパのEC市場トップクラスの販売を誇る充電関連商品の有名ブランドです。
現在では、ワイヤレスイヤホン、スピーカー、NEBULAブランドのホームプロジェクターなど多岐のジャンルに拡大しています。
Anker Soundcore Liberty Neo 2は、⼈気モデル「Soundcore Liberty Neo」後継モデルとして2021年に発売された商品です。

実際、使用してみてコスパの高さに大満足しています。

Anker Soundcore Liberty Neo 2 メリットに感じたこと

完全防水クラスのIPX7に相当するので雨や汗にめっぽう強い

IPX7規格の保護レベルは、水に浸しても影響がないように保護される、真水の入ったタンクに30分間浸すというテストをクリアしているレベルとなります。IPX7規格であれば、様々なスポーツ シーンでも安心して使用できると思います。

ケースごと置くだけワイヤレス充電、短時間で充電できる

ケーブルにつなげる必要なく充電パッド(別売り)にケースごと載せて置くだけで簡単に充電できます。
外出前に電池がないことに気づいても10分程度充電すれば2時間くらいは使用できるので慌てることもありません。
また、外出から家にも戻ったらケースごと充電パッドに置くという習慣をつければ、まず充電切れを心配する必要はなくなります。
ケーブルに繋げる動作が無くなるだけでも便利さを感じることができました。

電池持ちがよく安心

イヤホン本体が満充電の状態で、最大10時間の音楽再生が可能です。また付属の充電ケースを合わせて使えば、前モデルの約2倍となる最大40時間分の連続再生が可能です。
休日に遠出したとして往復3時間程度での利用であれば、40時間再生できれば必要十分です。

片耳で再生できて便利

イヤホンは片方のみでも使用できるのもグッド!。左右のイヤホンの単独使用と両耳での使用を簡単に切り替えることができます。
私は犬のお散歩中に片耳だけ使用して音楽を聴きながら、周囲の外部音を聞くことができるのでとても重宝してます。

途切れにくいBluetooth接続

Bluetoothの接続状態も良好でイヤホンをケースから取り出せばすぐ自動接続します。また、使用中にも途切れたことはありません。

コスパ最高!5,000円以下でこの充実機能

専用のSoundcoreアプリで音質をカスタマイズまでできてしまうおまけつき。
画像のように「Bluetoothの接続をより安定させました。」など最新のファームウェアが自動更新の通知がきて更新可能です。これはうれしいサポートですね。

【アプリでお好みのイコライザーの選択ができる】  【イヤホンのタッチ操作をカスタマイズ】

【最新ファームアップデート通知がくる】       【ファームウェアが自動更新される】

Anker Soundcore Liberty Neo 2 使ってみたデメリットは

ケース表面が滑りやすく落下の危険

本体コンパクトサイズでポケットに入れてもかさばらず持ち運びも楽です。
本体表面もマット調デザインでカッコよいのですが、表面タッチ感がサラサラしていてかなり滑りやすいです。
冬場は手も乾燥しているので特に滑りやすく落下の注意が必要です。

ケースの開け閉めがしずらい

ケースの表面が滑ることもあり、開閉が固い感じがする。特に開ける時が気になる。
カチカチ感がありスムーズではない。もう少しソフトな感じであれば良いと思いました。

イヤーウィングがたまに外れる

複数サイズのイヤーウィングがありフィット感があるのですが、たまに外れてしまうことがあります。

まとめ

Anker Soundcore Liberty Neo 2は、5,000円以下で購入できるワイヤレスイヤホンとしては機能もサポート面でも一押しの商品です。
機能面でもIPX7レベルの防水性能、充電の持ち時間、置くだけ充電、片耳利用、アプリ連携などコスパの高さを感じています。
いくつかデメリットはあげておりますが、商品全体のパフォーマンスを考えれば容認できる範囲と思っています。

普段使いはもちろんですが、スポーツ利用時の2台目のワイヤレスイヤホンとしてもおすすめです。
この価格なら万が一、紛失などのトラブルでも諦めのつく価格かと思いました。
多くの新商品が発売されるワイヤレスイヤホン市場ですが、充電分野での最新テクノロジーを生かした高性能でリーズナブルなAnker ワイヤレスイヤホンを選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

以上、「コスパ最強って本当!? 5千円以下で買える 人気のワイヤレスイヤホン anker soundcore liberty neo 2 レビュー」でした。

タイトルとURLをコピーしました